SOFTWARE

ゆるめて画像サーチ

Relax Image

印象語を含む複数のキーワードで画像検索を行う際、まず印象語を除いて(質問をゆるめて)検索を行い、その場で結果の画像から抽出した印象メタデータと印象語とのマッチングを行うことで,より多くの画像を検索できるようにするシステムです。

プリズム・サーチ

Prism Search

詳細語検索 | 兄弟語検索

入力されたキーワードを詳細化するための追加キーワードや関連語を、ウェブ検索エンジンのインデックスをもとに見つけてくるシステムです。

ウェブ・ドライブ

Web Drive (ダウンロード)

ドライビングゲームのようなインターフェイスでウェブページを閲覧するシステムです。

Web Drive マニュアル(PDF)

体験ブログマップ

Blog map of experiences

ブログに載っている各個人の行動を集約し、地図上で検索できるようにするシステムです。

印象を使った
画像・音楽の検索

Image and Music Search by Impression Words

意味的・感性的連想サーチエンジン(慶應義塾大学清木康研究室)により、メディア・アーカイブを対象として印象語を用いた感性的連想検索を可能としており、未知のメディアデータを利用者・学習者自身の印象語を用いて獲得することが可 能となりました。

CEAX 検索サービス

CEAX Search

文化財コンテンツを、「横断(X: Crossing)」的に検索するサービスです。「メディア横断の検索」「ユーザ横断または世代横断など利用者に適した検索」「他サイトとの連携による横断的な検索」などを目指したサービスです。

アウラリー : 文化財コンテンツ
管理システム

Owlery : CEAX CMS

文化財に関する多様な記述を、さまざまな利用者に応じて提供することを目的とした、文化財コンテンツに関する情報を管理するシステムです。アウラリー・クライアントを用いて、コンテンツ作成が行えます。
CEAX 検索サービスおよび CEAX ボイジャーの基盤として使われています。

CEAX ボイジャー :
学習支援システム

CEAX Voyager

アウラリーの文化財コンテンツを学習支援に活用するシステムです。
このシステムを用いた授業では、教師による適切な指導の下で発見学習の過程を経ながら、利用者(児童)は文化に対する知見や発見行為そのものを学習していきます。

プロジェクト概要

このプロジェクトでは、ウェブ文書・ブログ・画像・映像・楽曲など、異なるメディアの情報を横断的かつ網羅的に検索し、個々の情報の信用度や意味情報にもとづいてこれらを自動的に集約・統合するための基盤的ソフトウェアを開発するとともに、検索質問を異なるメディアの検索エンジンに合わせて最適な形に変形し、美術館・博物館等が保有する文化遺産画像アーカイブ・放送映像アーカイブ、ならびにウェブ上の情報を目的に応じて横断的に検索・収集する新しいメタサーチエンジンの開発を行います。

さらに、従来のサーチエンジンで用いられているキーワード検索だけでなく、画像や楽曲など漠然とした印象による柔軟な情報検索を可能にする検索エンジンの開発を行います。

また、ウェブや既存のサーチエンジンから抽出されたさまざまなメタデータやオントロジー情報を用いた統合エンジン、文化財コンテンツ統合のためのメタデータ構造の確立、およびこれらの教育応用のためのソフトウェアを開発しています。多様なデータベースやデジタルアーカイブを統合的に扱うことによって、より柔軟で多様性のある検索技術を提供できます。

システムの開発は、京都大学・慶應義塾大学・国立情報学研究所が共同で実施しています。開発されたシステムは、学校教育・生涯教育・eラーニング等への応用が期待されます。すでに平成18年から、京都市立稲荷小学校や西東京市田無小学校において、授業支援や実験授業を行っています。

ニュース

  • 2007/3/16 第7回インターネット活用教育実践コンクール(主催:文部科学省 インターネット活用教育実践コンクール実行委員会)にて、実行委員会賞を受賞しました。

  • 2006/6/14 「知的資産の電子的な保存・活用を支援するソフトウェア技術基盤の構築」中間評価シンポジウムが行われました。

  • 2006/5/19 ウェブサイトを公開しました。