SOFTWARE

ゆるめて画像サーチ

Relax Image

印象語を含む複数のキーワードで画像検索を行う際、まず印象語を除いて(質問をゆるめて)検索を行い、その場で結果の画像から抽出した印象メタデータと印象語とのマッチングを行うことで,より多くの画像を検索できるようにするシステムです。

プリズム・サーチ

Prism Search

詳細語検索 | 兄弟語検索

入力されたキーワードを詳細化するための追加キーワードや関連語を、ウェブ検索エンジンのインデックスをもとに見つけてくるシステムです。

ウェブ・ドライブ

Web Drive (ダウンロード)

ドライビングゲームのようなインターフェイスでウェブページを閲覧するシステムです。

Web Drive マニュアル(PDF)

体験ブログマップ

Blog map of experiences

ブログに載っている各個人の行動を集約し、地図上で検索できるようにするシステムです。

印象を使った
画像・音楽の検索

Image and Music Search by Impression Words

意味的・感性的連想サーチエンジン(慶應義塾大学清木康研究室)により、メディア・アーカイブを対象として印象語を用いた感性的連想検索を可能としており、未知のメディアデータを利用者・学習者自身の印象語を用いて獲得することが可 能となりました。

CEAX 検索サービス

CEAX Search

文化財コンテンツを、「横断(X: Crossing)」的に検索するサービスです。「メディア横断の検索」「ユーザ横断または世代横断など利用者に適した検索」「他サイトとの連携による横断的な検索」などを目指したサービスです。

アウラリー : 文化財コンテンツ
管理システム

Owlery : CEAX CMS

文化財に関する多様な記述を、さまざまな利用者に応じて提供することを目的とした、文化財コンテンツに関する情報を管理するシステムです。アウラリー・クライアントを用いて、コンテンツ作成が行えます。
CEAX 検索サービスおよび CEAX ボイジャーの基盤として使われています。

CEAX ボイジャー :
学習支援システム

CEAX Voyager

アウラリーの文化財コンテンツを学習支援に活用するシステムです。
このシステムを用いた授業では、教師による適切な指導の下で発見学習の過程を経ながら、利用者(児童)は文化に対する知見や発見行為そのものを学習していきます。

受賞

インターネット活用教育実践コンクール 実行委員会賞受賞 (京大)
第7回インターネット活用教育実践コンクール
(主催 文部科学省 インターネット活用教育実践コンクール実行委員会)
「感じて・見つけて・考えて・いきいき学び合う子 - ITによる『総合的な学習の時間』の効果的支援小大連携プロジェクト - 」
INARIプロジェクト[京都大学大学院情報学研究科・京都市立稲荷小学校]
平成19年3月16日
デジタルライブラリに関する国際会議 ICADL2006 にて最優秀論文賞受賞 (国立情報学研究所)
Best Paper Award, the 9th International Conference on Asian Digital Libraries (ICADL 2006)
Kenro Aihara, Taizo Yamada, Noriko Kando, Satoko Fujisawa, Yusuke Uehara, Takayuki Baba, Shigemi Nagata, Takashi Tojo, Tetsuhiko Awaji, and Jun Adachi
"Owlery: A Flexible Content Management System for "Growing Metadata" of Cultural Heritage Objects and Its Educational Use in the CEAX Project"
平成18年11月30日
大島裕明 (京大)
情報処理学会データベースシステム研究会 平成18年度 学生研究発表奨励賞
大島裕明,小山聡,田中克己
「サーチエンジンのインデックスを利用した同位語検索と同位語コンテキストの発見」
電子情報通信学会データ工学研究会・情報処理学会データベースシステム研究会・日本データベース学会共催 夏のデータベース・ワークショップ(DBWS2006), Vol.2006, No.77, 2006-DBS-140(II), pp.161-168, 平成18年7月13日
中岡美華 (京大)
情報処理学会データベースシステム研究会 平成18年度 学生研究発表奨励賞
中岡美華,手塚太郎,田中克己
「Webページの周辺空間を同時閲覧可能な3次元型ブラウザ」
電子情報通信学会データ工学研究会・情報処理学会データベースシステム研究会・日本データベース学会共催 夏のデータベース・ワークショップ(DBWS2006), Vol.2006, No.77, 2006-DBS-140(II),pp.59-65, 平成18年7月13日
大島裕明 (京大)
電子情報通信学会DEWS2006優秀プレゼンテーション賞
「文書群をクエリとした“似て非なる”文書の検索」
大島裕明, 小山聡, 田中克己 (京大)
電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS2006),5A-i7,平成18年3月1日
小山聡 (京大)
2005年度人工知能学会論文賞
小山 聡, クリストファー D. マニング
「異なる例からの素性の組合せを用いたペアワイズ分類器の学習」
人工知能学会論文誌, Vol.20, No.2, pp.105-116, 2005.
Nimit Pattanasri (京大)
ICADL2005 Student Paper Award
"Towards a Unified Framework for Context-Preserving Video Retrieval and Summarization"
Nimit Pattanasri, Somchai Chatvichienchai, and Katsumi Tanaka
The 8th International Conference on Asian Digital Libraries (ICADL2005), pp. 119-128, December 2005.
高松耕太(慶大)
情報処理学会データベースシステム研究会 平成17年度 学生研究発表奨励賞
高松耕太, 倉林修一, 佐々木史織, 清木康
「異種領域ドキュメント群を対象にした文脈の動的計量を伴う選択的情報配信機構の実現」
電子情報通信学会データ工学研究会・情報処理学会データベースシステム研究会・日本データベース学会共催 夏のデータベース・ワークショップ(DBWS2005),8A-1,平成17年7月13日〜15日
情報処理学会研究報告,2005-DBS-137 (II), pp. 531-538 (電子情報通信学会技術研究報告Vol.105, No.172), 2005年7月
竹原幹人(京大)
情報処理学会データベースシステム研究会 平成17年度 学生研究発表奨励賞
「Blogにおける書き手の興味を考慮した意見情報の提示手法」
竹原 幹人, 大島 裕明, 田中 克己(京大)
電子情報通信学会データ工学研究会・情報処理学会データベースシステム研究会・日本データベース学会共催 夏のデータベース・ワークショップ(DBWS2005),1B-3,平成17年7月13日〜15日
大島裕明 (京大)
情報処理学会データベースシステム研究会 平成17年度 学生研究発表奨励賞
「個人文書から抽出した語彙の意味関係に基づくWeb情報検索」
大島 裕明, 小山 聡, 田中 克己(京大)
電子情報通信学会データ工学研究会・情報処理学会データベースシステム研究会・日本データベース学会共催 夏のデータベース・ワークショップ(DBWS2005),2A-4,平成17年7月13日〜15日
手塚太郎 (京大)
電子情報通信学会DEWS2005最優秀プレゼンテーション賞
「クエリ・フリーな閲覧インタフェースを用いた地域情報の受動的ブラウジング」
手塚太郎, 田中克己 (京大)
電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS2005),5C-i9,平成17年2月28日
山口雅史 (京大)
電子情報通信学会DEWS2005優秀プレゼンテーション賞
「利用者選好の半順序性に着目したWeb探索とナビゲーションの個別化」
山口雅史, 大島裕明, 小山聡, 田中克己 (京大)
電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS2005),2C-i12,平成17年2月28日
石原冴子(慶大)
平成14年度情報処理学会論文賞
石原冴子, 清木康
「異分野データベース群を対象とした意味的検索空間統合方式とその実現」
情報処理学会論文誌:データベース, Vol.43, No. SIG5(TOD14), pp.37-53. 2002.

報道発表

新聞

  • 朝日新聞(京都版) 2006年5月24日 朝刊 28面 子供も簡単、ネット検索 京大院情報学研究科支援エンジンを開発
  • 日本経済新聞 2006年5月23日 朝刊 33面(近畿経済面) 文書やブログ 横断的に検索 京大大学院グループ開発
  • 京都新聞 2006年5月20日 朝刊 29面 運転感覚でサイト閲覧 京大グループ教育向けに開発 検索ソフト公開
  • 京都新聞 2006年5月11日 朝刊 30面 検索ソフト「勉強に役立つよ」 京大グループ開発
  • 毎日新聞(京都版) 2006年5月11日 朝刊 25面 検索エンジン+地図+ブログ=? 「便利体験」児童が実感
  • 読売新聞(京都版) 2006年5月11日 朝刊 31面 ネット検索 児童「簡単」 京大、稲荷小で新システム披露
  • 日本経済新聞 2006年3月10日 朝刊 15面 「文化財学習ソフトで支援」古墳のはにわなど 国立情報学研など実験
  • 朝日新聞 2006年3月10日 夕刊 14 面 「文化財をクリック 教材ソフト開発中」情報学研究所
  • 産経新聞(武蔵野版) 2006年3月10日 朝刊 27 面 「デジタルアーカイブ」授業 「使いやすい」「楽しい」田無小 児童にも教諭にも好評

雑誌

  • 『画像や音楽のデータをイメージした言葉から探し出す感性情報検索システム』 DBマガジン 2005年3月号, 翔泳社, pp. 160-161, 2005

テレビ

  • テレビ東京 「ワールドビジネスサテライト」 2007年11月22日 23:00〜
    「創発社会の実現に向けて」KEIO SFC Open Research Forum (ORF 2007)
    慶應SFC〜DNPセミナー「未来を創る新しいディスプレイ表現モデル研究」プロジェクト
  • NHK京都 「京一日」 2006年5月10日 18:10〜
    京大と慶大が小学校の授業支援向けのサーチエンジンを開発 「感じる、調べる、発信する」をサポート

ラジオ

  • FM西東京 「まち情報84.2」 2006年3月11日 16:00〜
    文化財学習ソフトで「デジタルアーカイブ」授業 国立情報学研究所

ネットニュース

プレスリリース

記者会見

  • 「創発社会の実現に向けて」SFC Open Research Forum (ORF 2007)
    慶應SFC〜DNPセミナー「未来を創る新しいディスプレイ表現モデル研究」プロジェクトプレスリリース・記者会見、2007年11月22日.

講演

講演

  • 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)
    パネル討論 「夢を与える情報教育とは?」 にて、プロジェクトを紹介 (2006/9/7)

  • JICA,SPEET Projectプロジェクト(慶大,清木 康)
    インドネシア共和国インドネシア・スラバヤ工科大学・電気系ポリテクニック教員養成計画プロジェクトの短期派遣専門家(先端情報工学)として教員を対象とした意味的・感性的連想検索エンジンの構成と応用方法についての講義,実習を実施
    第一回:2006年2月6日〜2006年2月16日
    第二回:2006年8月28日〜2006年9月6日

  • TU DELFT(オランダ)における招待講演(慶大,清木 康)
    "A Mathematical Model of Meaning(MMM): Semantic Associative Search and Analysis for Multimedia Databases and Knowledge Bases," Department of Design Engineering, Faculty of Industrial Design Engineering TU DELFT, Netherlands, May 9th, 2007.

  • 情報処理学会/電子情報通信学会/日本データベース学会主催のデータベースワークショップにおける招待講演(慶大,清木 康)
    「感性を計算するデータベースシステムを目指して〜素晴らしいDBコミュニティーでのデータベース研究〜」情報処理学会フェロー受賞記念,夏のデータベースワークショップ(DBWS)2007,情報処理学会DBS研究会・電子情報通信学会データ工学研究専門委員会・日本データベース学会主催,2007年7月3日.

  • NECTEC-KEIO SFC-KAIT Joint Seminar(タイ)における招待講演(慶大,清木 康)
    "The Mathemactical Model of Meaning (MMM): Semantic Associative Search and Analysis for Image, Music and Document Multimedia Databases", NECTEC-KEIO SFC-KAIT Joint Seminar on Multimedia Databases for Image and Music Search, Thailand, September 14, 2007.

  • Industrial Electronics Seminar 2007(インドネシア)における基調講演(慶大,清木 康)
    "Multimedia Data Mining with Semantic Associative Search and Analysis: A "Kansei" Approach to Music Databases by the Mathematical Model of Meaning (MMM)," Industrial Electronics Seminar 2007, EEPIS-ITS, Indonesia, November 6-8, 2007.

会議主催

国際会議主催

  • 情報モデリングと知識ベースに関する国際会議の主催(慶大)
    The 17th European Japanese Conference on Information Modelling and Knowledge Bases, Pori, Finland, June 4-8, 2007.

国際シンポジウム主催

  • メタレベル知識ベースに関する国際シンポジウムの主催(慶大)
    Finland TUT-KEIO SFC Seminar on Meta-level Knowledge Base Systems for Integrating Cultural, Social, and Natural Sciences, October 5th, 2005, KEIO SFC, JAPAN.