Java/SlothLib for Java

Visual Editor を用いたSlothLibアプリケーションの作成

作成したプロジェクト上で, Visual Editor を用いてSlothLibアプリケーションを作っていきましょう. Visual Editorに関しては, All aboutの記事 なども参考にしてください.

ここで作るのは非常に簡単な検索アプリケーションです. 上段のテキストフィールドに検索文字列を入れ, 右の「検索」ボタンを押すと, SlothLibを用いて検索を行い, その結果を下段のテキストエリアに表示するものです.

&ref(): File not found: "ve-9.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

クラスの作成

まず, 作成したslothlibTestプロジェクトを右クリックしてメニューを開き, 「新規」->「ビジュアル・クラス」と選択しビジュアル・クラスのウィザードを開きます.

&ref(): File not found: "ve-2.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

&ref(): File not found: "ve-0.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

すると下記のような画面が開くはずです.

&ref(): File not found: "ve-3.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

画面の設計

まず, アプリケーションの画面を作成していきます.

コンポーネントの配置

パレット を開き, SWTコントロールの中の Label, Text, Button,を順にウィンドウの同じ行にドラッグ・アンド・ドロップします. さらに, 次の行にTextAreaをドラッグ・アンド・ドロップ します.

&ref(): File not found: "ve-4.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

プロパティの設定

このままでは各コンポーネントのサイズや表示されている文字列がおかしいので, プロパティを調整します.

&ref(): File not found: "ve-5.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

コードの挿入

イベントを処理する関数を書きます. 検索ボタンを右クリックしてメニューを開き, イベントー>widget selectedを選びます. すると下段のコードビューに, Listnerコードが挿入されます.

&ref(): File not found: "ve-6.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

挿入されたコード部分に, SlothLibを呼び出すコードを書いていきましょう.

&ref(): File not found: "ve-7.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

アプリケーションの実行

これで アプリケーションは完成ですので, 早速実行してみましょう. クラス名を右クリックしてメニューを開き, 「実行」->「SWTアプリケーション」を選びます. これでアプリケーションのウィンドウが開くはずです.

&ref(): File not found: "ve-8.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";

検索窓に文字列を入れて, 実行ボタンを押してみてください. 検索結果が下の窓に表示されたら成功です.

&ref(): File not found: "ve-9.jpg" at page "Java/Visual Editorを持ちいたアプリケーションの作成";