2015年度の大学院入試が終わりました!

2015-08-31

おはようございます!
4回生の松村です!
よろしくお願いします!

この8月には京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻入学試験があって、
受験生にとっては勉強と緊張と脱水からの熱中症な夏でした!
社会情報学専攻では、初日に情報学基礎、専門科目、一般論述といった筆記試験があり、二日目には口頭試問というコミュ障には大変な試験がありました。
それに加えて、英語はTOEICやTOEFLの成績を提出します。

社会情報学専攻の院試で大事なのは松村的に”英語”だと思います。(ガチ)
筆記試験部分は、過去問や資料を入手し、普通にやってれば高得点必至です。
しかし、他のツワモノ達も同じように高得点を取ってくるので差が開きません。
そこで、英語の点数がこのバトルの肝です。
英語を制するものは、社情を制すると言っても過言ではありません。
これから社会情報学専攻を志望しているは、時期尚早と言えるような時期から英語に力をいれましょう。

さらなる試験”口頭試問”というワードが目につきます。
口頭試問では、社会情報学専攻の教授方の前で自己アピールと質疑応答があります。
松村ははじめ軽い気持ちで臨もうとしましたが、いざ部屋に入ってみると想定外に多数の先生方が全員いて驚きました。
想定外とは怖いもので、なにを話せばいいかすべてぶっとんでしまいました。
また、学部生の頃に受けた授業で教壇に立っておられた先生方がずらりと並んでいて、自分が先生になったようで不思議な感じがしました。
しかし、ただただ緊張して慌てふためくので、その光景をじっくりと堪能する余裕はないかもしれないです。
松村は変人なので余裕がありました。

この大学院入試を乗り切った受験生は、一回りも二回りも成長したことでしょう。
松村の今後にご期待ください。

See you next time! Bye!

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.