2013年度の卒業研究を紹介します!

2014-03-24

こんにちは!よく小柴(こしば)と間違えられる(こむらさき)です!
修士課程で,ウェブデータからの認知度推定の研究をしています!

思えばあっという間の1年間,2013年度も残すところあと1週間となりました.
新年度を迎えるにあたって,研究室配属で迷っている新4回生や,新しく田中研究室に入ってこられる方,新しい分野に転向してみたいという方などがいらっしゃると思います.
そこで,田中研究室の研究についてと,実際の2013年度の卒業研究のテーマについて,僕なりにまとめてみました!

田中研究室の研究テーマと特色

田中研究室では,データベース技術を基盤として,Webやインターネットに関する研究を幅広く行っています.
たとえば,

  • 検索エンジンのようにWeb上から必要な情報を探し出す『情報検索』
  • Webやビッグデータから有用な知識を発見する『情報抽出』
  • 情報の信憑性やWeb閲覧時の利用者の行動分析などの『情報分析』

など,さまざまな側面からWebを活用するための技術について研究しています.

研究成果の対外発表についても積極的に行っており,SIGIRやWWW,CIKMなどのトップカンファレンスに論文が多数採択されているほか,被引用数が100を超えるような論文も発表しています.
また学術的な場以外でも,京都大学11月祭への参加や多数の産学連携イベントへの出展,ジュニアキャンパスや中高生向けの出前授業の開講など,最先端の研究成果について幅広く発表しています.

具体的な研究内容や実績については,これまでのblog記事や実績のページをご参照ください.

研究内容について:

研究実績について:

2013年度の卒業研究テーマ

田中研究室では,4年生から一人ひとつ,全員独立したテーマについて研究を行っています.
4年生は研究室に配属されると,田中先生をはじめとした教員の先生方のサポートの下,自分のテーマを自分で決定するところから研究を開始します.
2013年も5つの独立した研究テーマをもった,5本の卒業論文が提出されました.

今森 大地くん

『Twitterにおけるフォローの模倣関係に基づく優良ハブと優良情報源の推定』
TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでは,「有益な情報」を発信するユーザを見つけることが大切です.従来から,フォロワー数が多い人が「有益な情報」を発信している,という考えに基づいた研究が盛んに行われています.しかし,この方法では,フォロワー数が多くはないが有益な情報を発信するユーザを見落としてしまいます.そこで僕は,フォロワー数の多少に関係なく有益な情報を発信するユーザを発見する方法を研究しています.

門脇 拓也くん

『創作・選択事由によるレシピ検索』
料理レシピを検索するとき,「肉じゃが」といった料理名や,「ゴーヤ」といった材料名が決まっていれば,現在Webで提供されているサービスで十分解決できます.しかし,「残業で疲れたときに元気が出るレシピを探したい」というように,レシピに対する漠然とした要求はあっても,具体的な料理を思いつくのは難しいこともあります.そこで私は,上記のように料理レシピを選択する理由が書かれた文から料理レシピを検索可能とする手法を研究しています.

Kim Eung Gyoくん

『画像検索におけるファセットの抽出と多様性計算』
画像検索において,「この画像の多様な観点に基づいて他の画像を探したい」という検索要求に基づいて検索を行う場合があります.しかし,ユーザが画像を見て観点を把握するのは容易ではありません.そのような情報要求に対応するため,従来の画像検索システムではタグを利用できますが,タグは観点からの分類が行われていなく,画像の観点とは関係のないタグも存在します.そこで,私の研究では,画像のタグ情報から,観点を表す階層的な分類構造であるファセットを抽出する手法を提案します.また,多様な観点を含む画像を発見するため,抽出されたファセットに基づいて,画像のファセット多様性を計算する手法を提案します.

武田 裕介くん

『Web閲覧・検索情報の構造化保存とその再利用』
再閲覧すると有用なWebページを推定し,表示する研究を行っています.例えば,デジタルカメラについて調べていて,LUMIXのページとサイバーショットのページを見比べながら閲覧したとします.後日,もう一度LUMIXのページを閲覧したときに以前に見比べながら閲覧していたサイバーショットのページも閲覧したいと思うことがあると思います.このとき,本研究ではサイバーショットのページを推薦して再検索の手間を省きます.

田中 祥太郎くん

『ニュースアーカイブにおける歴史的事象の言及分析』
私は現在,「コンピュータによる歴史学」という分野の研究を行っています.この研究は,数十年分のニュース記事など,人力では到底読みきれないような歴史的資料をコンピュータによって分析し,新たな発見を得ることを目的としています.これまでの研究では,例えば「同時多発テロ事件はいつから『歴史的な出来事』とみなされたか?」など,出来事についての社会的な認識の変化について分析してきました.修士課程でも,引き続きこの分野の研究を続けていくつもりです.

もちろん,ここに書かれただけでなく,修士や博士のメンバーも一人ひとつのテーマをもって精力的に研究をしています.
この紹介記事が田中研の研究の理解や,研究室選びの手助けになればうれしいです.

それでは,僕も引き続き,2014年度も頑張って研究してイきたいと思います!!
小紫(こむらさき)でした!!!
研究だけじゃなく日常生活も頑張りたい小紫です!

DEIM2014に参加しました

2014-03-09

こんにちは。
4月から修士課程へ進学するB4の武田です。

3/3(月)から3/5(水)まで、淡路島で開催されたDEIM2014という学会へ参加し、発表を行いました。
DEIMとはデータ工学と情報マネジメントに関するフォーラムの略称で、データ工学と情報マネジメントに関する様々な研究テーマの討論・意見交換を目的とした合宿形式のワークショップです。

DEIMの大きな特徴の1つは、基本的に査読(論文の審査)なしで論文を発表できるところです。そのため、私のような学部生でも論文を発表することができます。このような特徴から、550名を超えるたくさんの人が参加したそうです。
DEIMのもう1つの特徴は、合宿形式ということで、他の参加者との交流の場がたくさん用意されているところです。
夜には、他の参加者とアルコールを飲みながら、研究に関する熱い議論から誕生日サプライズまでさまざまな話題で話し合いが行える場が提供されていました。

懇親会

懇親会の様子。淡路市のご当地マスコットキャラクター あわ神&あわ姫も来てくれました!

発表についてですが、発表には2種類あります。1つは口答発表で、もう1つはインタラクティブセッションの発表です。
口答発表では、パワーポイントなどを使って発表を行った後、質疑応答を行います。
インタラクティブセッションの発表は夕食時に同時に開催され、展示したポスターを見に来てくださった参加者に研究内容の説明を行って、議論をするというものです。

口頭発表

口頭発表の様子。初めての学外発表でとても緊張しました。

私の口答発表は最終日で、DEIMの期間中は緊張で心の休まる暇がありませんでした。発表は無事に終えることができました。そしてなんと、学生の発表に対してセッション毎に表彰される学生プレゼンテーション賞を受賞することができました。学生プレゼンテーション賞は私の他にもYatingさん、大重さん、門脇君も受賞しています!

ポスター発表

ポスター発表の様子。いろいろな方と楽しく交流し、あっという間に時間が経ってしまいました。

DEIMは私にとって初めての学会でしたが、想像していたよりも参加しやすいものでした。たくさんの参加者から研究に関するアドバイスを得られて、今後の研究のためになりました。また、同年代の他の大学の方と交流を持つことができました。

サマーデザインスクール2013に参加しました

2013-10-03

こんにちは、修士2回生の加藤龍です!!京都大学サマーデザインスクール 2013に参加してきました。

サマーデザインスクールも今年で4回目。僕自身も2回目の参加です。京都の明かり、コミュニケーションカフェ、7年後の情報サービスといったテーマをもとに、デザインによる問題解決をはかるイベントです。日程は3日間。最終日には全チームが発表を行い、投票で入賞チームを決めます。

僕は7年後の情報サービスをテーマに、メンバーと話し合い、考え、デモを作って発表しました。チーム間でアイディアを共有し、練り上げるという難しくも楽しい体験をしました。

ポストイットを使ったブレインストーミング

ポストイットを使ったブレインストーミング

1日目にまず7年後の世界にあるだろう問題を考え、2日目に問題解決の手法を話しあう。3日目はすべて発表の準備に充てました。

特に記憶に残っていることは、プロトタイピングですね。7年後の社会と、そこにあるべき情報サービスを考えるため、マジック粘土を使いました。これは固めやすく柔軟な粘土で、短時間で形のあるものを作るにうってつけの素材です。7年後の都市、田舎、そこに住む人、企業、カフェ、家屋、公 園、道路……それらが現代とどう違っているのか、自分の考えるイメージを粘土で具現化させながら、自由に話しあいました。こういった、手を動かしてのアイディア出しは、ポストイットにただ考えを書いたり、ただ話すだけよりも遥かに良いです。

マジック粘土によるプロトタイピング

マジック粘土によるプロトタイピング

サマーデザインスクールは来年も開催されます、ぜひ来てください。

サマーデザインスクール発表風景

僕も発表しました

2013年度の大学院試験が終わりました!

2013-08-30

こんにちは、4回生の今森です。

この8月には大学院の入学試験があり、受験生にとっては勉強と緊張の夏でした。
社会情報学専攻では、初日に情報学基礎、専門科目、一般論述といった筆記試験があり、二日目には口頭試問があります。
また、英語はTOEICやTOEFLの成績を提出します。
社会情報学専攻の院試で重要になってくるのは”英語”だと思います。(個人感)
筆記試験部分は、学科時代に受けた授業の内容からの出題が多く、過去問等を手に入れて勉強すれば、点数が取れるようになります。
しかし、他の受験生も同じように勉強をして挑んでくるので、ここでは思ったように差がつきません。
そこで、英語の点数が大きく響いてくるのです。
英語を制するものは、社情を制すると言っても過言ではありません。
ですので、これから社会情報学専攻、しいては田中研究室を志望している方は、早いうちから英語の勉強に力を入れることをおすすめします。

ここで、二日目の”口頭試問”というワードが重々しくも、目につきます。
口頭試問は、社会情報学専攻の先生方の前で自己アピールと質疑応答があります。
僕ははじめ、数人の先生方の前で行われるのだと思っていたのですが、いざ本番、部屋に入ってみると、
想像を絶する数の先生方が勢ぞろいでした。
学部生の頃に受けた授業で教壇に立っておられた先生方が、ところ狭しと並んでおられます。
その圧巻の光景は、ぜひご自身の目でご覧になってください。
しかし、ただただ緊張するので、その光景をじっくりと堪能する余裕はないかもしれないです。

この大学院入試を乗り切った受験生は、一回りも二回りも成長したことでしょう。
彼らの今後にご期待ください。

それでは。

2013年度 講座旅行に行ってきました!

2013-08-27

Ciao! ドクターとして研究をガンガンやってるKAZ(D1 梅本)です!
8月21日から23日,田中研究室の先生がたと学生で講座旅行に行ってきました!

田中研究室では毎年,親睦を深めるためにみんな一緒に旅行に行きます.
みんなで車に分乗して目的地に向かい,同じ観光地を散策し,同じ宿に泊まって,普段は研究のこと以外であまり会話をしない下級生や先生ともたくさん喋って仲良くなります.

今年の行先は城崎と亀岡!
例年に比べると近場な行き先ですが,案外こういう機会がなければ行かないのもまた事実.
ほとんどの人が未経験で,城崎の温泉と亀岡の自然を新鮮な気持ちで満喫しました!

一日目の城崎温泉では,玄武洞公園を見にゆくチーム,温泉巡りをするチーム,ロープウェイに乗って温泉寺を見にゆくチームに別れて思い思いに城崎を探索しました.
田中先生のイチオシは「天然の自己組織化マップ」こと玄武洞公園だったのですが,僕は温泉巡りをしました!
1日で城崎の外湯コンプリートを目指して5か所,体がふやけきるまで温泉を堪能!
日頃の研究の疲れもすっかり吹っ飛びました.

はなびっ!

夜はすっかり恒例になった花火大会.手持ち花火でハッスルされる田中先生は,まるで聖火ランナー.

二日目は講座旅行のメインイヴェント,ゴルフです!
田中先生は研究だけでなくゴルフの腕も超一流.
毎年,講座旅行では,打ちっぱなし練習場での田中先生によるレクチャー,そしてショートコースをまわっての実践練習が行われます.
今年は福知山にあるゴルフ場で,プロのトレーナーの方のアドヴァイスもいただきながら練習しました.
学部生のときの研究室旅行で初めてゴルフクラブに触れてから,僕も今年でゴルフ4年め.
かなり上達してきたつもりでしたが,ゴルフ初挑戦の4回生にあっさりボロ負けしてプライドを打ち砕かれた一日でした.

のみかいっ!

宿ではみんなで車座になっての宴会.研究のことから人生のことまで,いろんなことを腹を割って話します.

そのほかにも,みんなでサバゲー場に行ってペイントボールで撃ち合ったり,B.B.Q.をしたり,麻雀をしたり,とても楽しい3日間でした.
素敵な旅行で他のメンバーとの絆も深まり,モチベーションもすっかり回復!
この調子で研究も頑張って行こうと思いました!

それでは,また!

C3部!

ペイントボールを使ったサバゲーですっかり撃たれまくった僕と莊司先輩.田中研には,優れたスナイパーが沢山います・・・.

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.