2008年度の研究業績

学術論文誌論文

  • 高見 真也, 田中 克己
    “ウェブ検索結果における検索目的に応じたスニペット生成”
    情報処理学会論文誌(ジャーナル), Vol.49, No.4, pp.1648-1656, 2008年4月.
  • 山家 雄介, 中村 聡史, アダム ヤトフト, 田中 克己
    “ソーシャルブックマークの特性分析とそれに基づくWeb検索結果の再ランキング手法”
    情報処理学会論文誌 データベース(TOD)[電子情報通信学会データ工学研究専門委員会共同編集], Vol.1, No.1, pp.88-100, 2008年6月.
  • 手塚 太郎, 近藤 浩之, 田中 克己
    “混合ガウス分布を用いたウェブコンテンツの地域性推定とオブジェクトレベルローカルサーチ”
    情報処理学会論文誌 データベース(TOD)[電子情報通信学会データ工学研究専門委員会共同編集], Vol.1, No.1, pp.13-25, 2008年6月.
  • 吉田 大我, 中村 聡史, 田中 克己
    “ブラウジングと検索の融合:閲覧履歴からの関連情報の検索・自動提示にもとづくウェブ閲覧”
    日本データベース学会論文誌 Vol.7, No.1, pp.133-138, 2008年6月.
  • 金子 恭史, 中村 聡史, 大島 裕明, 田中 克己
    “緩和度付き検索語の意味関連分析による検索意図推定とそのクエリ入力インタフェース”
    日本データベース学会論文誌 Vol.7, No.1, pp.181-186, 2008年6月.
  • 稲川 雅之, 大島 裕明, 小山 聡, 田中 克己
    “Webからの語集合間の特定関係の抽出とその可視化”
    日本データベース学会論文誌 Vol.7, No.1, pp.175-180, 2008年6月.
  • 山本 祐輔, 手塚 太郎, アダム ヤトフト, 田中 克己
    “WebAlert:Web情報の印象集約を利用した閲覧ページ内容に対する反対意見提示”
    日本データベース学会論文誌 Vol.7, No.1, pp.251-256, 2008年6月.
  • 服部 峻, 田中 克己
    “性質継承と概念の再帰的適用に基づくWebからの概念階層抽出”
    情報処理学会論文誌データベース, Vol.1, No.3 (TOD40), pp.60-81, 2008年12月.
  • 大島 裕明, 田中 克己
    “両方向構文パターンを用いたWeb検索エンジンからの高速関連語発見手法”
    日本データベース学会論文誌 DBSJ Journal, Vol.7, No.3, pp.1-6, 2008年12月.
  • Heeryon Cho, Toru Ishida, Satoshi Oyama, Rieko Inaba and Toshiyuki Takasaki
    “Assisting Pictogram Selection with Categorized Semantics”
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E91-D, No.11, pp.2638-2646, November 2008.
  • 只石 正輝, 森嶋 厚行, 田島 敬史
    “効率のよい子供/子孫問合せ処理のためのグラフデータ格納手法の提案”
    日本データベース学会論文誌, Vol.7, No.3, pp.55-60, 2008年12月.

国際会議会議録掲載論文(査読あり)

  • Shun Hattori, Hiroaki Ohshima, Satoshi Oyama and Katsumi Tanaka
    “Mining the Web for Hyponymy Relations based on Property Inheritance”
    Proceedings of the 10th Asia-Pacific Web Conference (APWeb’08), LNCS Vol.4976, pp.99-110, Shenyang, China, April 26-28, 2008. (Acceptance rate for regular papers = 48/169 = 28%.)
  • Hiroaki Ohshima, Adam Jatowt, Satoshi Oyama and Katsumi Tanaka
    “Visualizing Changes in Coordinate Terms over Time: An Example of Mining Repositories of Temporal Data through their Search Interfaces”
    Proceedings of the International Workshop on Information-explosion and Next Generation Search (INGS 2008), IEEE Computer Society, pp.61-68, April 2008.
  • Adam Jatowt, Yukiko Kawai and Katsumi Tanaka
    “Visualizing Historical Content of Web Pages”
    Proceedings of the International World Wide Web Conference (WWW 2008), ACM Press, pp.1221-1222, Beijing, China, April 2008.
  • Satoshi Oyama, Kenichi Shirasuna and Katsumi Tanaka
    “Identification of Time-Varying Objects on the Web”
    Proceedings of the 8th ACM/IEEE Joint Conference on Digital Libraries (JCDL 2008), pp.285-294, June 2008. (Acceptance rate for full papers = 33/117 = 28%.)
  • Heeryon Cho, Toru Ishida, Toshiyuki Takasaki and Satoshi Oyama
    “Assisting Pictogram Selection with Semantic Interpretation”
    In Proceedings of the 5th European Semantic Web Conference (ESWC 2008), Lecture Notes in Computer Science, Vol.5021, pp.65-79, June 2008. (Acceptance rate = 52/275 = 19%.)★
  • Adam Jatowt, Yukiko Kawai, Hiroaki Ohshima and Katsumi Tanaka
    “What Can History Tell Us? Towards Different Models of Interaction with Document Histories”
    Proceedings of 19th ACM Conference on Hypertext and Hypermedia (Hypertext2008), ACM Press, Pittsburgh, USA,  pp.5-14, June 2008.
  • Satoshi Oyama and Katsumi Tanaka
    “How Many Objects?: Determining the Number of Clusters with a Skewed Distribution”
    Proceedings of the 18th European Conference on Artificial Intelligence (ECAI 2008), pp.771-772, July 2008.
  • Somchai Chatvichienchai and Katsumi Tanaka
    “Bring Precision and Access Control to Business Document Search”
    Proceedings of the 9th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2008), Phuket, Thailand, IEEE Computer Society , pp.557-562, August 2008.
  • Tadahiko Kumamoto, Akiyo Nadamoto and Katsumi Tanaka
    “Automatic Generation of Computer Animation Conveying Impressions of News Articles”
    Proc. 12th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2008), Zagreb, Croatia, Springer LNCS, Vol. 5177, pp.588-597, September  2008.
  • Yusuke Yamamoto, Taro Tezuka, Adam Jatowt and Katsumi Tanaka
    “Supporting Judgement of Fact Trustworthiness Considering Temporal and Sentimental Aspects”
    Proceedings of the 9th International Conference on Web Information Systems Engineering (WISE 2008), Auckland, New Zealand, Springer LNCS, Vol.5175, pp.206-220 , September 2008.
  • Makoto Kato, Hiroaki Ohshima, Satoshi Oyama and Katsumi Tanaka
    “Can Social Tagging Improve Web Image Search?”
    In Proceedings of the 9th International Conference on Web Information Systems Engineering (WISE 2008) Lecture Notes in Computer Science, Vol.5175, pp.235-249, September 2008. (Acceptance rate = 31/110 = 28%.) (Kambayashi Best Paper Award)
  • Satoshi Nakamura, Takehiro Yamamoto and Katsumi Tanaka
    “SyncRerank: Reranking Multi Search Results Based on Vertical and Horizontal Propagation of User Intention”
    The 9th International Conference on Web Information Systems Engineering (WISE2008), Auckland, Newzealand, Springer LNCS, Vol.5175, pp. 120-135, September. 2008. [28%]
  • Shun Hattori and Katsumi Tanaka
    “Mining the Web for Access Decision-Making in Secure Spaces”
    Proceedings of the Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS’08), Nagoya, Japan, September 17-21, 2008.
  • Satoshi Nakamura, Makoto Shimizu and Katsumi Tanaka
    “Can Social Annotation Support Users in Evaluating the Trustworthiness of Video Clips?”
    Proceedings of the 2nd ACM Workshop on Information Credibility on the Web (WICOW 2008), Napa Valley, California, USA, pp. 59-62, October 2008.
  • Yukiko Kawai, Yusuke Fujita, Tadahiko Kumamoto, Jianwei Jianwei and Katsumi Tanaka
    “Using a sentiment map for visualizing credibility of news sites on the web”
    Proceedings of the 2nd ACM Workshop on Information Credibility on the Web (WICOW2008), Napa Valley, California, USA, pp. 53-58, October 2008.
  • Taro Tezuka, Hiroyuki Kondo and Katsumi Tanaka
    “Estimation of Geographic Relevance for Web Objects using Probabilistic Models”
    Proceedings of the 8th International Conference on Web and Wireless Geographical Information System, Springer LNCS, Vol.5373, pp.124-139, December 2008.
  • Taiga Yoshida, Satoshi Nakamura, Satoshi Oyama and Katsumi Tanaka
    “Query Transformation by Visualizing and Utilizing Information about What Users Are or Are Not Searching”
    ICADL2008, Springer LNCS, Vol. 5362, pp.124-133 , December 2008.
  • Yasufumi Kaneko, Satoshi Nakamura, Hiroaki Ohshima and Katsumi Tanaka
    “Query Relaxation Based on Users’ Unconfidences on Query Terms and Web Knowledge Extraction”
    ICADL 2008, Springer LNCS, Vol. 5362, pp. 71–81, December 2008.
  • Masashi Yamaguchi, Hiroaki Ohshima, Satoshi Oyama and Katsumi Tanaka
    “Unsupervised Discovery of Coordinate Terms for Multiple Aspects from Search Engine Query Logs”
    Proceedings of the 2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, December 2008.
  • Shun Hattori and Katsumi Tanaka
    “Extracting Concept Hierarchy Knowledge from the Web based on Property Inheritance and Aggregation”
    Proceedings of the 7th IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI’08), Sydney, Australia, pp.432-437, December 9-12, 2008.  ( ( 79+3 full + 83 short ) / 430 submissions = 38% ) (Short Paper)
  • Adam Jatowt, Yukiko Kawai and Katsumi Tanaka
    “Using Page Histories for Improving Browsing the Web”
    Proceedings of the 8th International Web Archiving Workshop (IWAW 2008), Aarhus, Denmark, (to appear in 2008)
  • Keishi Tajima and Kaori Ohnishi
    “Browsing Large HTML Tables on Small Screens”
    Proc. of 21st ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST), pp. 259-268, Oct, 2008.
  • Toshiro Takase and Keishi Tajima
    “Lazy XML Parsing/Serialization based on Literal and DOM Hybrid Representation”
    Proc. of IEEE International Conference on Web Services, pp. 295-303, Sept, 2008.
  • Hiroaki Ohshima and Katsumi Tanaka
    “Real Time Extraction of Related Terms by Bi-directional Lexico-syntactic Patterns from the Web”
    to appear in Proc. of the Third International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC2009), ACM Digital Library, SKKU, Suwon, Korea, January 15-16, 2009.
  • Shun Hattori and Katsumi Tanaka
    “Object-Name Search by Visual Appearance and Spatio-Temporal Descriptions”
    to appear in Proc. of the Third International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC2009), pp.63-70, ACM Digital Library, SKKU, Suwon, Korea, January 15-16, 2009.
  • Akiko Hino and Katsumi Tanaka
    “Small Knowledge: An Enhancement of Bookmarks with Personal Context”
    to appear in Proc. of the Third International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC2009), ACM Digital Library, SKKU, Suwon, Korea, January 15-16, 2009.
  • Takuya Kobayashi, Hiroaki Ohshima, Satoshi Oyama and Katsumi Tanaka
    “Modeling and Analyzing Review Information on the Web Focusing on Credibility”
    Proceedings of the 24th Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC2009), Hawaii, USA, March 2009. (Poster Paper)

その他論文(査読あり)

  • 鹿島 久嗣, 小山 聡, 山西 芳裕, 津田 宏治
    “高速なペアワイズカーネルの提案と汎化誤差解析について”
    第11回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS 2008), 2008年10月 (ポスター発表).
  • 山本 祐輔, 山本 岳洋, 中村 聡史, 田中 克己
    “関連画像集合内における典型度と特殊度を用いた画像の信憑性分析”
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2008)論文集, 7A-4, 2008年12月.
  • 加藤 誠, 大島 裕明, 小山 聡, 田中 克己
    “語の共起を用いたWebの類似関係検索”
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2008), 3A-2, 2008年12月.
  • 山家 雄介, 中村 聡史, アダム ヤトフト, 田中 克己
    “ソーシャルブックマークの周期性発見に基づく時期連動型検索ランキング手法”
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2008), 3A-1, 2008年12月.
  • 藤田 裕介, 河合 由起子, 熊本 忠彦, 張 建偉, 田中 克己
    “地域性に基づく発信者の観点可視化システムの提案”
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2008), 5A-1, 2008年12月.
  • 服部 峻, 田中 克己
    “Webからの外観情報抽出とその画像特徴量変換に基づく特異画像の検索”
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2008), 7A-2, 2008年12月.
  • 清水 誠, 中村 聡史, 田中 克己
    “アノテーションのセンチメント分析に基づく映像の信頼性判断手法”
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2008), 7A-5, 2008年12月.
  • 三森 祐一郎, 高橋 公海, 只石 正輝, 森嶋 厚行, 田島 敬史, 杉本 重雄, 北川 博之
    “Webとファイル空間を対象とした情報空間ガバナンス技術”
    Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB forum 2008), 2008年12月.

学術報告・学術講演(レフェリー無し)

  • 中村 聡史, 山本 岳洋, 田中 克己
    “ページ中の感覚情報を利用したウェブ検索支援”
    情報処理学会研究会 ヒューマンコンピュータインタラクション(2008-HCI123MUS75), pp.111-116, 2008年5月.
  • 山本 岳洋
    “編集操作に基づく検索結果の柔軟な再ランキングインタフェース”
  • 山本 岳洋, 中村 聡史, 田中 克己
    “Cross-Rerank: 網羅的検索のためのウェブサービス・クエリ横断インタフェース”
    電子情報通信学会 第12回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2-2008-22~46), pp.1-6, 2008年7月.
  • 大島 裕明, 田中 克己
    “両方向構文パターンを用いたWeb検索エンジンからの高速関連語発見手法”
    情報処理学会研究報告, Vol.2008, No.88, 2008-DBS-146, pp.37-42, 2008年9月.
  • 中谷 誠, Adam Jatowt, 大島 裕明, 田中 克己
    “Wikipediaのリンク構造とカテゴリ構造を用いた検索語からの専門語の抽出”
    iDBフォーラム2008, 情報処理学会DBS研究会研究報告, Vol.2008, No.88, pp.253-258, 2008年9月.(iDBフォーラム2008 学生奨励賞受賞)
  • 服部 峻, 田中 克己
    “外観・状況表現を用いたオブジェクト名検索”
    iDBフォーラム2008, 情報処理学会 研究報告「データベースシステム」, Vol.2008, No.88, pp.109-114, 2008年 9月21日~23日(学生発表奨励賞受賞).
  • 蓬莱 博哉, Adam Jatowt, 田中 克己
    “Webからの文抽出と概念辞書を用いた概念間の関係発見支援”
    iDBフォーラム2008, 情報処理学会 研究報告「データベースシステム」, Vol.2008, No.88, pp.???-???, 2008年9月.
  • 金澤 健介, アダム ヤトフト, 小山 聡, 田中 克己
    “Webからの将来情報の発見・分析”
    iDBフォーラム2008, 情報処理学会 研究報告「データベースシステム」, Vol.2008, No.88, pp.???-???, 2008年 9月.
  • Adam Jatowt, Yukiko Kawai and Katsumi Tanaka
    “Exploring and Comparing Page Histories”
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.211, DE2008-39, pp.19-20, 2008年9月.
  • Hiroaki Ohshima, Adam Jatowt, Satoshi Oyama and Katsumi Tanaka
    “Detecting and Visualizing Coordinate Relationships over Time”
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.211, DE2008-45, pp.31-32, 2008年9月.
  • 高田 夏希, 小山 聡, 田中 克己
    “質問応答コンテンツのサーチとWebによるコンテンツ補完”
    情報処理学会関西支部大会, C1-01, pp.87-90, 2008年10月24日.
  • 高橋 良平, 小山 聡, 田中 克己
    “境界が曖昧なオブジェクトの識別のための属性時空間分布を用いたクラスタリング手法”
    情報処理学会関西支部大会, C1-02, pp.91-92, 2008年10月24日.
  • 小山 聡, 白砂 健一, 田中 克己
    “属性値が時間変化するオブジェクトを識別する確率モデル”
    第22回人工知能学会全国大会, 2008年6月.
  • 只石 正輝, 森嶋 厚行, 田島 敬史
    “大規模グラフ構造に対する効率的な子供/子孫問合せの処理手法の提案”
    情報処理学会研究報告 vol.2008-DBS-146, pp.229-234, 2008年9月.
  • 中村 聡史, 劉 瀋巍, 田中 克己
    “携帯端末のためのオンラインプレゼンテーション視聴システムの実現”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), C2-4, 2009年3月.
  • 厚見 悠太, 大島 裕明, 田中 克己
    “Webページの既読結果を用いたWeb検索結果の網羅的閲覧”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), A3-1, 2009年3月.
  • 高橋 良平, 小山 聡, 田中 克己
    “恣意的に名前付けされたオブジェクトの識別手法”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), A3-2, 2009年3月.
  • 高田 夏希, 山本 祐輔, 小山 聡, 田中 克己
    “質問応答コンテンツに対するWebによる回答補完”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009)論文集, C4-6, 2009年3月.
  • 山本 祐輔, 田中 克己
    “Web上の画像・テキスト対の信憑性分析”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009)論文集, A5-5, 2009年3月.
  • 加藤 誠, 大島 裕明, 小山 聡, 田中 克己
    “ブートストラップ法による語の共起を用いたWebからの類似関係抽出”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), A5-6, 2009年3月.
  • 岩木 祐輔, アダム ヤトフト, 田中 克己
    “マイクロブログにおける有用な記事の発見支援”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), A6-6, 2009年3月.
  • 中村 聡史, 田中 克己
    “ソーシャルアノテーションに基づく動画検索手法”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), D6-1, 2009年3月.
  • 中谷 誠, アダム ヤトフト, 大島 裕明, 田中 克己
    “理解容易度に基づくWebページの検索とランキング”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), A7-1, 2009年3月.
  • 旭 直人, 山本 岳洋, 中村 聡史, 田中 克己
    “行動連鎖を用いた情報検索支援とWeb からの行動連鎖の抽出”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), A7-2, 2009年3月.
  • 赤星 祐平, 田中 克己
    “近傍空間のコンテキストに依存したWebコンテンツへの機能の動的束縛”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), B8-5, 2009年3月.
  • 山本 岳洋, 中村 聡史, 田中 克己
    “ContextRank:語ベースフィードバックおよびそのコンテキストに基づく検索結果の再ランキング手法”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), C8-1, 2009年3月.
  • 金子 恭史, 中村 聡史, 田中 克己
    “緩和度付きキーワードからなるクエリの構造に基づく質問修正”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), A9-6, 2009年3月.
  • 大島 裕明, 田中 克己
    “正解語ペア漸増による関連語取得のための両方向構文パターン発見”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), B9-1, 2009年3月.
  • 劉 瀋巍, 田島 敬史
    “大画面ディスプレイ上でのウェブブラウジングにおける効率的タスク切り替え支援手法”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009)論文集, 2009年3月
  • 徳田 隆志, 田島 敬史
    “XML文章のタグの出現位置に基づくテキストのつながりに関するタグの分類”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009)論文集, 2009年3月
  • 只石 正輝, 森嶋 厚行, 田島 敬史
    “任意のグラフノードを起点とする正規パス式の評価手法”
    電子情報通信学会・日本データベース学会・情報処理学会第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009)論文集, 2009年3月.

賞罰

  • 山本 岳洋
    第1回 日本データベース学会/電子情報通信学会データ工学研究会 /情報処理学会データベースシステム研究会「優秀若手研究者賞」受賞
    編集操作に基づく検索結果の柔軟な再ランキングインタフェースに関する研究 (山本・中村・田中, jDBワークショップ, 2008年6月19日)
  • 田中 克己
    2007年度(平成19年度)第7回船井情報科学振興賞受賞
    コンピューターサイエンス部門,Web及びマルチメディア情報システムに関する先駆的研究 (2008年4月19日)
  • 山本 祐輔
    第70回情報処理学会全国大会 学生奨励賞受賞
    Web情報の多面的集約による不確かな命題の信頼性判断支援 (山本・手塚・Adam・田中,情報処理学会第70回全国大会,2008年3月14日)

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.