2012年度の研究業績

学術論文誌論文(レフェリー付き)

  • Nimit Pattanasri, Sujeet Pradhan, Katsumi Tanaka: Extending information unit across media streams for improving retrieval effectiveness, Data & Knowledge Engineering, Vol.83, pp.70-92, January 2013.
  • 佃洸摂,大島裕明,山本光穂,岩崎弘利,田中克己:語の認知度と同位語間の関係に基づく意外な情報の発見, 日本データベース学会論文誌, Vol.11, No.3, pp.21-26, 2013年2月.
  • 張 建偉, 河合 由起子, 熊本 忠彦, 白石 優旗, 田中 克己:多様な印象に基づくニュースサイト報道傾向分析システム, 日本知能情報ファジィ学会論文誌知能と情報 Vol. 25(2013) No. 1, pp.568-582、特集号「WebインテリジェンスとインタラクションII」, 2013年3月.
  • 山本 祐輔, 田中 克己:反証センテンスの提示による信憑性指向のウェブ検索支援, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.6, No.2, pp.42-50, 2013年3月.
  • 梅本和俊,中村聡史,山本岳洋,田中克己:Web検索時の行動情報を用いたクエリ修正タイプの予測, 情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD58), to appear.
  • 梅本和俊,山本岳洋,中村聡史,田中克己:視線情報からの注目語抽出に基づく検索意図のリアルタイム推定, 情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD58), to appear.
  • Makoto P. Kato, Tetsuya Sakai, Katsumi Tanaka (2013) When Do People Use Query Suggestion? A Query Suggestion Log Analysis, Information Retrieval, Vol.16, pp. 1-22, 10.1007/s10791-012-9216-x , January 2013.
  • 稲葉利江子, 山肩洋子, 大山牧子, 村上正行, “発言の自由度を高めたレスポン
    スアナライザを活用した大学授業の実践と評価,” 日本教育工学会論文誌, 36巻,
    3号, pp.271-279 , 2012.
  • 加藤 誠, 大島 裕明, 田中 克己
    「例示検索のための集約点に基づくドメイン適応」
    日本データベース学会論文誌 DBSJ Journal, Vol.11, No.1, pp.49-54, 2012年6月.

国際学会

  • Yu Kawano, Hiroaki Ohshima, and Katsumi Tanaka: On-the-fly Generation of Facets as Navigation Signs for Web Objects, Proceedings of the the 17th International Conference on Database Systems for Advanced Applications, 15-18 April, 2012, Busan, South Korea, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 7239, April 2012.
  • Kosetsu Tsukuda, Hiroaki Ohshima, Mitsuo Yamamoto, Hirotoshi Iwasaki, and Katsumi Tanaka
    “Discovering Unexpected Information on the basis of Popularity/Unpopularity Analysis of Coordinate Objects and their Relationships”
    Proceedings of the 28th Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2013), pp.878-885, March 2013.
  • Yu Kawano, Hiroaki Ohshima, and Katsumi Tanaka
    “On-the-fly Generation of Facets as Navigation Signs for Web Objects”
    Proceedings of the 17th International Conference on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA 2012), LNCS 7238, pp.382-396, April 2012.
  • Pern Hui Chia, Yusuke Yamamoto and N. Asokan, Is this App Safe? A Large Scale Study on Application Permissions and Risk Signals, Proceedings of the 21th International World Wide Web Conference (WWW 2012), Lyon, France, April 2012 (Full Paper 108/885 = 12%).
  • Yusuke Yamamoto: Disputed sentence suggestion towards credibility-oriented Web search, Proceedings of the 14th Asia-Pacific Web Conference (APWeb 2012), Kunming, China, April 2012 (Full Paper 40/167 = 24%).
  • Makoto P. Kato, Tetsuya. Sakai, Katsumi Tanaka: Structured Query Suggestion for Specialization and Parallel Movement: Effect on Search Behaviors, In Proc. of the 21th International World Wide Web Conference (WWW2012) , pp. 389-398, April 2012 (Full Paper 108/885 = 12%).
  • Kazutoshi Umemoto, Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:“Search Intent Estimation from User’s Eye Movements for Supporting Information Seeking”, Proceedings of the 11th International Working Conference on Advanced Visual Interfaces (AVI2012), pp. 349-356, May 2012.
  • Yuki Sugiyama, Makoto P. Kato, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka (2012) Relative Relevance Feedback in Image Retrieval, In Proc. of IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME2012), pp. 272-277, July 2012.
  • Makoto P. Kato, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka: Content-based retrieval for heterogeneous domains: domain adaptation by relative aggregation points. SIGIR 2012: 811-820
  • Adam Jatowt, Katsumi Tanaka: Longitudinal analysis of historical texts’ readability. JCDL 2012: 353-354
  • Shinsuke Mori, Tetsutro Sasada, Yoko Yamakata, Koichiro Yoshino, “A
    machine Learning Approach to Recipe Text Processing,” Cooking with
    Computers workshop, pp.1-6, 2012.
  • Hidenori Tsuji, Yoko Yamakata, Takuya Funatomi, Hiromi Hiramatsu,
    Shinsuke Mori,“IwaCam: a Multimedia Processing Platform for Supporting
    Video-Based Cooking Communication”, International Conference on Future
    Generation Communication Technology, pp.109-116, 2012.
  • Atsushi Hashimoto, Jin Inoue, Kazuaki Nakamura, Takuya Funatomi, Mayumi
    Ueda, Yoko Yamakata, Michihiko Minoh,“Recognizing Ingredients at
    Cutting Process by Integrating Multimodal Features”, Proceedings of the
    ACM Multimedia 2012 Workshop on Multimedia for Cooking ーand Eating
    Activities, pp.12-18, 2012. (CEA’12 Best Paper Award)

国内学会

  • 落合 修也, 加藤 誠, 田中 克己 (2013) あいまいなエピソードからのオブジェ クト検索とクエリの対話的修正, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, C9-3, 2013
  • 杉山祐一, 山肩洋子, 田中克己, “手順情報としてのレシピデータに対する類似
    レシピの要約と微小で重要な差異の発見”, 第5回データ工学と情報マネジメント
    に関するフォーラム, D3-5, 2013.
  • 真鍋 知博, 田島 敬史, 階層的見出し構造に着目したWebページ検索システム, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, A1-1, 2013.
  • 竹村 光, 田島 敬史, 情報発信の対象範囲に基づくTwitterユーザの分類, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, B1-6, 2013.
  • 小紫 弘貴, 田島 敬史, Web情報からの人物知名度の推定 —篠田麻里子は長嶋茂雄より有名って本当?—
    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, C5-2, 2013.
  • 大西 洋, 田島 敬史, 語の出現の偏りに基づく新たな隠語の発見
    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, C10-6, 2013.

学術報告・学術講演(レフェリー無し)

  • 佃洸摂,大島裕明,山本光穂,近藤賢志,田中克己:属性のマッチングに基づくオブジェクトの相性検索, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),A3-1,2013年3月.
  • 山肩洋子, 橋本敦史, 舩冨卓哉, 平松紘実, 辻 秀典, 森信介, “IwaCamを用いた
    メディア処理による遠隔コミュニケーションの支援‐同時調理を題材とした映像
    と音声の役割に関する考察‐,” 電子情報通信学会データ工学研究会, Vol.112
    No.75 PP.7-12, 2012.

外部資金獲得

  • 山肩 洋子,
    2011-2014年度 科学研究費若手研究(B)「調理をしながら調理法を説明した音声からのレシピテキストの自動生成
  • 山肩 洋子,
    2011年度科学技術人材育成費補助金「京大式女性研究者養成コーディネートプラン」
  • 中村 聡史,
    2010-2012年度, 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究, 「モバイル協調検索に関する研究」
  • 中村 聡史,
    2010-2012年度, 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究, 「インタラクティブな再ランキング・再サーチを可能とする次世代検索に関する研究
  • 中村 聡史,
    2011-2016年度, 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST), 「コンテンツ共生社会のための類似度を可知化する情報環境の実現
    (主たる共同研究者)(研究代表者, 後藤 真孝)
  • 田島 敬史,
    2011-2013年度, 科学技術振興機構 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究, 「木構造データの複数パラダイム混在処理方式に関する研究」
  • Adam Jatowt,
    2010-2013年度 科学研究費若手研究(B) 「Towards time-focused Web Search and Mining」
  • Adam Jatowt,
    2011-2015年度 戦略的創造研究推進事 JSTさきがけ「集合記憶の分析および歴史文書からの知識抽出手法の開発
  • 田中 克己,
    2012-2014年度 科学研究費 基盤研究(A) 「ウエブ検索の意図検出と多元的検索意図指標にもとづく検索方式の研究」
  • 加藤 誠,
    2014年度 特別研究員奨励費
  • 佃 洸摂,
    2014年度 特別研究員奨励費
  • 莊司 慶行,
    2014年度 特別研究員奨励費

招待講演

  • 山肩洋子, “料理と食を取り巻く情報メディア技術,” 電子情報通信学会 パター
    ン認識・メディア理解研究会(PRMU), 2012年10月5日,幕張メッセ,日本.

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.