2013年度の研究業績

学術論文誌論文(レフェリー付き)

  • 梅本和俊,山本岳洋,中村聡史,田中克己:視線情報からの注目語抽出に基づく検索意図のリアルタイム推定, 情報処理学会論文誌:データベース(TOD58),Vol. 6,No. 3,pp. 120-131,2013年6月.
  • 梅本和俊,中村聡史,山本岳洋,田中克己:Web検索時の行動情報を用いたクエリ修正タイプの予測, 情報処理学会論文誌:データベース(TOD58),Vol. 6,No. 3,pp. 132-147,2013年6月.
  • 佃洸摂,大島裕明,山本光穂,岩崎弘利,田中克己:語の認知度と語間の関係の非典型度に基づくWikipediaからの意外な情報の発見, 情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD61), Vol.7, No.1, pp.1-17, 2014年3月
  • 佃洸摂,大島裕明,加藤誠,田中克己:属性値の同一性・相補性に着目したオブジェクト集合検索手法の提案とその観光地データへの適用, 情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD60), Vol.6, No.5, pp.49-61, 2013年12月

国際学会論文

  • Akiko Takahashi and Katsumi Tanaka: Kcanvas: An Application for Modern PIM – Organizing Daily Fragments of Information and Telling Story of Personal Interest, Proc. 9th International Conference on Web Information Systems and Technologies (WEBIST2013), Aachen, Germany, SciTePress, ISBN 978-989-8565-54-9, pp.245-250, May 8-10, 2013.
  • Rafael López-García, Makoto P. Kato, Yoko Yamakata, Katsumi Tanaka: How Do Students Search during Class and Homework?, Proc. of the 5th International Conference on Social Informatics (SocInfo2013), Kyoto, Japan, Springer, Lecture Notes in Computer Science, ISBN 978-3-319-03259-7, pp. 457-466, November 25-27, 2013.
  • Yoko Yamakata, Shinji Imahori, Yuichi Sugiyama, Shinsuke Mori, Katsumi Tanaka: Feature Extraction and Summarization of Recipes Using Flow Graph, Proc. of the 5th International Conference on Social Informatics (SocInfo2013), Kyoto, Japan, Springer, Lecture Notes in Computer Science, ISBN 978-3-319-03259-7, pp.241-254, November 25-27, 2013.
  • Yoshiyuki Shoji, Katsumi Tanaka: Diversity-Based HITS: Web Page Ranking by Referrer and Referral Diversity, Proc. of the 5th International Conference on Social Informatics (SocInfo2013), Kyoto, Japan, Springer, Lecture Notes in Computer Science, ISBN 978-3-319-03259-7, pp.377-390, November 25-27, 2013.
  • Jonas Elslander, Katsumi Tanaka: A Notification-Centric Mobile Interaction Survey and Framework, Proc. of the 5th International Conference on Social Informatics (SocInfo2013), Kyoto, Japan, Springer, Lecture Notes in Computer Science, ISBN 978-3-319-03259-7, pp.443-456, November 25-27, 2013.
  • Adam Jatowt, Ching Man Au Yeung and Katsumi Tanaka: Estimating Document Focus Time, Proceedings of the 22nd ACM International Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2013), ACM Press, San Francisco, CA, USA, pp. 2273-2278, October 27 – November 1, 2013.
  • Adam Jatowt, Hideki Kawai, Kensuke Kanazawa, Katsumi Tanaka, Kazuo Kunieda and Keiji Yamada: Multi-lingual, Longitudinal Analysis of Future-related Information on the Web, Proceedings of the 4th International conference on Culture and Computing (Culture and Computing 2013), Kyoto, Japan, IEEE Press, pp. 27-32, September 16-18, 2013.
  • Kosetsu Tsukuda, Tetsuya Sakai, Zhicheng Dou, Katsumi Tanaka: Estimating Intent Types for Search Result Diversification, Proc. of the 9th Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2013), Singapore, Springer, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 8281, pp.25-37, December 09-11, 2013.
  • Tetsuya Sakai, Zhicheng Dou, Takehiro Yamamoto, Yiqun Liu, Min Zhang, Ruihua Song, Makoto P. Kato, Mayu Iwata (2013) Overview of the NTCIR-10 INTENT-2 Task, In Proc. of the 10th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-10), p. 94–123
  • Makoto P. Kato, Matthew Ekstrand-Abueg, Virgil Pavlu, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Mayu Iwata (2013) Overview of the NTCIR-10 1CLICK-2 Task, In Proc. of the 10th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-10), p. 182–211
  • Tomohiro Manabe, Kosetsu Tsukuda, Kazutoshi Umemoto, Yoshiyuki Shoji, Makoto P. Kato, Takehiro Yamamoto, Meng Zhao, Soungwoong Yoon, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka (2013) Information Extraction based Approach for the NTCIR-10 1CLICK-2 Task, Proceedings of the 10th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-10), p. 243–249
  • K. Tsukuda, Z. Dou, and T. Sakai: Microsoft Research Asia at the NTCIR-10 Intent Task, Proc. of the 10th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-10), pp.152-158, Jun, 2013.
  • Tetsuya Sakai, Zhicheng Dou, Takehiro Yamamoto, Yiqun Liu, Min Zhang, Makoto P. Kato, Ruihua Song, Mayu Iwata (2013) Summary of the NTCIR-10 INTENT-2 Task: Subtopic Mining and Search Result Diversification, In Proc. of the 36th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2013)
  • Makoto P. Kato, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Mayu Iwata (2013) Report from the NTCIR-10 1CLICK-2 Japanese Subtask: Baselines, Upperbounds and Evaluation Robustness, In Proc. of the 36th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2013)
  • Matthew Ekstrand-Abueg, Virgil Pavlu, Makoto P. Kato, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Mayu Iwata (2013) Semi-Automatic Nugget Extraction for Japanese One Click Access Evaluation, In Proc. of the 36th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2013)
  • Makoto P. Kato, Ryen W. White, Jaime Teevan, Susan T. Dumais (2013) Clarifications and Question Specificity in Synchronous Social Q&A, In Proc. of ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2013) (Works-in-Progress)
  • Tanaka Shinya, Adam Jatowt, Makoto P. Kato, Katsumi Tanaka (2013) Estimating Content Concreteness for Finding Comprehensible Documents, In Proc. of the 6h ACM International Conference on Web Search and Data Mining (WSDM2013), p. 475–484
  • Hideo Joho, Adam Jatowt, and Roi Blanco: A Survey of Temporal Web Search Experience, Proceedings of the 3rd Temporal Web Analytics Workshop (TempWeb 2013), ACM Press, Rio de Janeiro, Brasil, pp. 1101-1108 (2013)

国内学会(レフェリー付き)

  • 佃洸摂,大島裕明,田中克己:上位下位概念辞書を用いた同位語・上位語のランキング手法の提案, Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2013),2013年11月28日.
  • Bei Liu, Makoto P. Kato, Katsumi Tanaka:Finding Photo Sets of Events by Differentiation from Neighbors, Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2013),2013年11月28日.

国内学会

  • 加藤龍,大島裕明,山本岳洋,加藤誠,田中克己: 語の出現頻度と意味関係分析を用いた Web からのタスク検索, 情報処理学会研究会データベースシステム研究会(DBS157), 2013年7月.
  • 門脇拓也, 山肩洋子, 森信介, 田中克己:誕生・使用事由によるレシピ検索 ~生い立ちレシピサーチ~, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),F8-5,2014年3月.
  • 田中祥太郎, アダムヤトフト, 田中克己:記事アーカイブを用いた歴史的事象の言及分析, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),F2-6,2014年3月.
  • 海津研, 加藤誠, 大島裕明, 田中克己:社会的印象に対する根拠の発見, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),F7-2,2014年3月.
  • 武田裕介, 大島裕明, 田中克己:Web 閲覧・検索情報の構造化とその再利用, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),C8-4,2014年3月.
  • Meng ZHAO, Hiroaki OHSHIMA, and Katsumi TANAKA:Discovery of Surrounding Fact Information Based on Fact Adjacency Relationships, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),A8-2,2014年3月.
  • 金応教, 山本岳洋, 田中克己:画像検索におけるファセットの自動抽出と多様性計算, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),F5-6,2014年3月.
  • 佃洸摂, 大島裕明, 加藤誠, 田中克己:オブジェクト間の意外な共通点の発見, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),A8-1,2014年3月.
  • 北口善紀, 大島裕明, 田中克己:リスクとその対策情報の分類と検索, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),E7-5,2014年3月.
  • 加藤龍, 大島裕明, 山本岳洋, 加藤誠, 田中克己:タスクの汎化と特化に着目したWeb からのタスク検索, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),C1-6,2014年3月.
  • Yating ZHANG, Adam JATOWT, Katsumi TANAKA:Search for Images of Historical Objects Using Wikipedia, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),A1-2,2014年3月.
  • 落合修也, 加藤誠, 田中克己:エピソード情報に基づいた検索における再認と再生, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),C2-5,2014年3月.
  • 森井洸明,ヤトフトアダム,田中克己:ニュースアーカイブからの似て非なる事象記事の発見と分析, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),F7-1,2014年3月.
  • 大重智志,山本岳洋,田中克己:協調検索における検索・閲覧行動の共有とクエリ推薦に基づく制御, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),B8-6,2014年3月.
  • 加藤 誠, Matthew Ekstrand-Abueg, Virgil Pavlu, 酒井 哲也, 山本 岳洋, 岩田 麻佑 (2013) モバイル「情報」検索に向けて: NTCIR-11 MobileClickタスクへの誘い, 人工知能学会第5回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会
  • 山本 岳洋, Yiqun Liu, Ruihua Song, Min Zhang, Zhicheng Dou, 加藤 誠, 大島 裕明, Ke Zhou (2013) 検索意図とタスクマイニング: NTCIR-11 IMineタスク への誘い, 人工知能学会第5回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会
  • Tetsuya Sakai, Zhicheng Dou, Takehiro Yamamoto, Yiqun Liu, Min Zhang, Ruihua Song, Makoto P. Kato, Mayu Iwata (2013) A Preview of the NTCIR-10 INTENT-2 Results, IPSJ SIG Technical Report
  • 佃洸摂,大島裕明,山本光穂,近藤賢志,田中克己: 属性の組み合わせとその相性に基づく複合オブジェクト検索, 第2回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(第2回WI2), 2013年5月

招待講演・基調講演・解説

  • Katsumi Tanaka: Can We Predict User Intents from Queries? – Intent Discovery for Web Search (Keynote Talk), The 18th International Conference on Database Systems for Advanced Applications, April 22-25, 2013, Wuhan, China.
  • 佃洸摂,大島裕明,山本光穂,近藤賢志,田中克己: 属性の組み合わせとその相性に基づく複合オブジェクト検索, 第3回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(第3回WI2), 2013年12月

受賞

  • Katsumi Tanaka: 2013 DASFAA Outstanding Contributions Award, April 24, 2013.
  • Kazutoshi Umemoto: The Nomination Award of the 2013 Microsoft Research Asia Fellowship, November 2013.
  • 佃洸摂,大島裕明,山本光穂,近藤賢志,田中克己: ARG 第2回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 学生奨励賞, 「属性の組み合わせとその相性に基づく複合オブジェクト検索」, 2013年5月.
  • 佃洸摂,大島裕明,田中克己: Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2013) 企業賞(Yahoo! JAPAN賞)(上位下位概念辞書を用いた同位語・上位語のランキング手法の提案)
  • 佃洸摂,大島裕明,田中克己: Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2013) 企業賞(リクルートテクノロジーズ賞)(上位下位概念辞書を用いた同位語・上位語のランキング手法の提案)
  • Yating ZHANG,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014) 学生プレゼンテーション賞(Search for Images of Historical Objects Using Wikipedia)
  • 大重智志,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014) 学生プレゼンテーション賞(協調検索における検索・閲覧行動の共有とクエリ推薦に基づく制御)
  • 門脇拓也,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014) 学生プレゼンテーション賞(誕生・使用事由によるレシピ検索 ~生い立ちレシピサーチ~)
  • 武田裕介,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014) 学生プレゼンテーション賞(Web閲覧・検索情報の構造化とその再利用)

著書・編書・訳書

  • Adam Jatowt, Ee-Peng Lim, Ying Ding, Asako Miura, Taro Tezuka, Gaël Dias, Katsumi Tanaka, Andrew J. Flanagin, Bing Tian Dai (Eds.): Social Informatics – 5th International Conference, SocInfo 2013, Kyoto, Japan, November 25-27, 2013, Proceedings. Lecture Notes in Computer Science 8238, Springer 2013, ISBN 978-3-319-03259-7

解説記事等

  • 山本 岳洋 (2013) 私のブックマーク「情報検索インタフェース」, 人工知能学会誌, Vol.28, No. 4

外部資金獲得

  • 山肩 洋子, 2011-2014年度 科学研究費若手研究(B)「調理をしながら調理法を説明した音声からのレシピテキストの自動生成
  • 山肩 洋子, 2011-2013年度 科学研究費基盤研究(C)「作業をしながらの遠隔コミュニケーションを支援する弱同期型双方向映像配信に関する研究」
  • 田島 敬史, 2011-2013年度, 科学技術振興機構 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究, 「木構造データの複数パラダイム混在処理方式に関する研究」
  • Adam Jatowt, 2010-2013年度 科学研究費若手研究(B) 「Towards time-focused Web Search and Mining」
  • Adam Jatowt, 2011-2015年度 戦略的創造研究推進事 JSTさきがけ「集合記憶の分析および歴史文書からの知識抽出手法の開発
  • 田中 克己, 2012-2014年度 科学研究費 基盤研究(A) 「ウエブ検索の意図検出と多元的検索意図指標にもとづく検索方式の研究」
  • 佃 洸摂, 2012-2014年度 特別研究員奨励費
  • 莊司 慶行, 2012-2014年度 特別研究員奨励費
  • 梅本 和俊, 2013-2015年度 特別研究員奨励費
  • 真鍋 知博, 2013-2015年度 特別研究員奨励費

過年度の研究業績

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.