« 2005年08月 | Main | 2005年10月 »

2005年09月30日

ニューヨークで脳とかの研究をしている女の子たち

ニューヨーク大学のCenter for Neural Scienceという研究所を訪問し、そこで知り合った日本人の女の子たちと、グリニッジビレッジのニッカボッカという喫茶店でお茶をした。

あきこさん、しょうさんといって、二人とも女ひとりでニューヨークに乗り込んでいるだけであって、なかなか個性的な方々であった。

あきこさんは認知科学が専門で、脳波やfMRIを使って視覚のワーキングメモリを調べている。
学部時代はオレゴンの大学にいたそうだが、その時の研究室はニコチンが集中力を高める働きの研究でフィリップモリスから研究費もらっていたとか。

しょうさんは神経生理学が専門で、NMDA受容体の増減が記憶に与える影響を研究している。
学部の一回生の時だけ京大にいたのだが、前期だけ通ってやめて、アメリカに来たらしい。親には怒られたそうだ。

僕の同行者はIT系企業の社長であるヤナさんと、別の会社の重役であるY。
脳内の情報をどれだけ取り出すことができるのかというのに興味があり、いろいろ話を聞いてまわっている。
個人的な興味が90%、次世代のITサービスを考えるという名目が10%くらい。

「人が頭の中でイメージを思い浮かべる時、視覚野が活性化しているという話がありますよね。それなら、視覚野にセンサー当てて、その人が今どのような映像を思い浮かべているか、読み取ることができるようになるんでしょうか」と、ひとまず訊いてみる。
「そりゃまだ無理ですね」とあきこさん。「脳波ってのはたっくさんのニューロンの活動の平均だから。そんな細かいところまでは見れない」
「fMRIは?」
「それもそこまで細かくない」
しょうさんがテーブルの上に拳を並べ、手首のところで合わせて丸い形を作った。
「脳って、これくらいのサイズなんです。これだけの中に、ものすごく複雑な中身が詰まっている。私はいつも電子顕微鏡で見ていますけど、それでもものすごく複雑なんです」

拳二つというのは、思っていたより小さい。大脳だけなら、そんなものなのかも知れない。
脳がとてつもなく複雑なシステムであるというのは、分かる。しかし、たかだか有限個の原子から構成されていることには変わりがない。それらが集まっただけで、そこから意識や感覚や思考といったものが生じてくるのは、本当に不思議なことだ。

「ニューロンって結構太いから、電極は刺せますよ。そしたらいろいろ情報取れるんでしょうけど」しょうさんが補足する。
「人間での実験は無理ですか」
「イスラエルならできるかも知れません。あそこは倫理委員会が無いっていうか。何でもオッケーだから」
脳にチップを埋め込む研究とかも、がんがんやっているらしい。
「動物実験だと、いろんなことがやられてますよ。暇系な研究が結構あって。『ネズミにとってベッドとか何か』というのを明らかにしようとする研究とか」
「それは暇ですねー」とあきこさん。
「結局、囲われているということがベッドの条件だってことになったらしいんですけど」
「犬とかでも狭いとこ行くしね」
「それ使って、犬を騙せたりするのかな。全然寝心地悪いのに、なぜかそこに向かってしまうという」

「暑い・寒いと考えるだけで車を右に曲げたり左に曲げたりというのはできますか」Yが尋ねる。
「どうでしょう。暑い・寒いは、脳内では似た変化ではないかと思いますけど」
「なるほど。じゃぁ、赤いと丸いなら?」
「うーん」
「キーボードだって、単なる慣れでしょう? あんなの、昔は全然使えなかったじゃないですか。脳インターフェースだって、そのうち慣れるのと違いますか」Yが食い下がる。
しょうさんはちょっと考えて、「ビデオゲームをプレーしている時に車を停めるのは大脳だけど、実際の運転で車を停めているのはもっと下の部分じゃないのかな」
「暑い・寒いで運転するって話、私は将来的にはできると思う」とあきこさん。「だけど運転の動作には意識的な部分と無意識的な部分があるから、その無意識的な動作をどう代行させるかが難しいところだと思う」

そこからさらに、記憶の話になった。デジャブ(既視感)が生じた時、脳で何で起きているのかという話。しょうさんが面白い仮説を聞かせてくれた。
「デジャブは、見た時と意識した時との時間差だという説を読んだことがあって。つまり、実はほんの一瞬前に見たから記憶があるのに、ずっと前に見たことがあるというように捉えてしまっている。そんな状態がデジャブじゃないかと言うんです」
「それ、面白いですね」
「デジャブって、ありえないことを見たという風にはならないじゃないですか。ニューヨークにずっと暮らしていた人がアマゾンに行った時、『私、ここに来たことがある』という風にはならない。むしろ、来たことがあるかも知れない、起きたことがあるかも知れないという状況でのみ、デジャブは生じる」
だからある程度大脳での処理を経た上でデジャブは感じられているのではないか、というのがしょうさんの考えのようだ。

最近思い付いた考えを言ってみる。
「記憶って、命題の形で蓄えられているんじゃないかって思うんです。目で見た光景の記憶とかって、思い出すたびに映像を作り出しているんじゃないでしょうか」
それに対し、しょうさんがコメント。
「そもそも記憶というものは、思い出すたびに変えられてしまうと思うんです。思い出すたびに、思い出した時の情報が入っていく。たとえば耳に入っていた音とか。だから、一番確かな記憶は、思い出したことのない記憶なんです」
「それって記憶じゃないじゃん」ヤナさんがつっこみを入れる。「逆に、絶対忘れたくない記憶を刻みつけておくとか、できるのかな。ボタンを押したらすぐに思い出すとか」
「それ、流行りそうですね」と僕。
「痴呆症の老人がボタン押したら、息子を急に思い出すとか。快楽中枢に繋げて、息子を見た途端、喜び出したりとかね」
「面白い。同じことを恋人とかにも要求されそう。入れ墨の代わりに」

そんな感じで、とりとめもなく雑談した。
なかなか興味深いニューヨークの過ごし方であった。

Posted by taro at 21:05 | Comments (2) | taro's blog ℃

2005年09月28日

ニューヨークのリス

ニューヨークの街角では、リスがゴミを食ったりしている。

それでも人々から愛されていそうだ。

かわいいと得だ。

Posted by taro at 03:38 | Comments (0) | taro's blog ℃

2005年09月26日

ブロードウェーにて

マンハッタンの人ごみの中を歩いていたら、ブロードウェーと7番街の交差点に設けられた特設ステージにて、いきなりコンサートが始まった。

このあたりはミュージカルの本場であり、数十の劇場が大通りの周辺に点在している。それぞれの劇場がひとつの舞台を長期間上演するというスタイルを取っているため、長いものになると十年から二十年、毎日同じ舞台が同じ劇場で演じられる。それでも人が集まり続けるところが、ニューヨークのすごいところである。

交差点でのコンサートは、各劇場の出演者たちがステージにあがり、代表的な曲を歌うというイベントだった。

何グループか歌った後、レントというミュージカルの番になった。これは、ニューヨークのイーストビレッジという地域に暮らす貧乏な若者たちが、失業したり薬中になったりエイズになったりしながら、限られた命を懸命に生きるという話である。その舞台で使われるSeasons of Loveという曲が、街を歩く人々に向かって歌われる。


Seasons of Love

Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes,
Five hundred twenty-five thousand moments so dear,
Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes,
How do you measure - measure a year?
In daylights, in sunsets, in midnights, in cups of coffee,
In inches, in miles, in laughter, in strife.


たしかに一年の長さを分で表現したら、525,600分になる。

歌詞はその後、一年をSeasons of Loveで数えようという方向に進んでいくのだが、僕は分で数えるという箇所に妙な感銘を受けてしまった。

三十年の人生なら、15,768,000分。六十年の人生なら、31,536,000分。

自分に残された時間が一年しかないとしたら、
525,600分。

たとえ三十年残っているとしても、
15,768,000分。

人生の長さとは、それだけの瞬間の集まりである。

同じような話を以前、何かの本で読んだ気もする。

しかし、ニューヨークの街中をせわしなく歩く人々の間に佇み、流れ行く時間を思う時、奇妙な感覚にとらわれた。

長い宇宙の歴史、人類の歴史の中で、自分に与えられた時間がいかに短いことか。

驚くべきことである。

Posted by taro at 00:20 | Comments (2) | taro's blog ℃

2005年09月20日

英語でのプレゼンについて

しっかり準備していったプレゼンは、結構楽しい。
質問がたくさん来たり、あとでコメントを聞かせてもらえたりすると、かなり嬉しい。

英語のネイティブスピーカーが必ずしも上手な発表をするとは限らない。
今回僕が参加した会議では、僕の他にふたりの日本人発表者がいたが、
ふたりとも会場からしっかり笑いを取っていて、うまかった。

今後、英語でのコミュニケーション能力だけではなく、
プレゼンテーションの能力も必要とされる時代になっていくと思う。

上手なプレゼンを行うにあたって、慣れは非常に重要である。
何度もプレゼンしているうちに、うまくなっていくのだと思う。
問題は、あまり練習する機会が無いことである。
英語圏の人間なら日常的にプレゼンする機会があるのだろう。
非英語圏の人間は不利である。

ひとりで部屋で練習するのは変な気がするし、どれだけの効果があるか疑わしい。
いざ人前に出た途端、あがってしまいそうである。

そこで、世の中のプレゼン能力養成ニーズに応えるために、
トーストマスターズクラブという活動がある。

分野も専門も違う人間が集まり、
ひたすら英語でのプレゼンの練習を行うという活動である。

アメリカで始まり、全世界に広まっている。
誰かに教えてもらうというわけではなく、
交代でプレゼンをし、質問やコメントをしあうという社会人サークルのような活動である。

日本で行われている活動では、参加者のほとんどは日本人である。
日本人だけでよくやるなぁと思うが、
そういった気恥ずかしさはすぐに乗り越えられるものなのかも知れない。

実は僕の父親が最近この活動をすごく気に入っていて、熱心に参加している。

意義のある活動だと僕も思う。僕自身は全然関わっていないのだが。

トーストマスターズクラブ
http://www.toastmasters.org/

エイトプリンセズトーストマスターズクラブ(僕の父親が関わっている支部)
http://blog.livedoor.jp/eightptmc/

Posted by taro at 22:13 | Comments (3) | taro's blog ℃

2005年09月19日

海外の鉄道とコンセント

アメリカで特急列車に乗りました。

特急といいつつ、時折トロッコ列車並みの速度で鈍行運転を始める、日本の感覚ではちょっと信じがたい特急です。

ところが驚いたことに、ビジネスクラスには全座席にコンセントがついている!
これは非常にありがたかった。
何時間乗っていても、ノートPCのバッテリ切れの心配がない。

さらに噂なのですが、ドイツの特急では車内でワイヤレスが使えるとか。

日本は鉄道王国といいながら、いったい何をしているのでしょうか。
それともグリーン車には既にコンセントが付いているのだろうか。
乗ったことないから分かりません。

Posted by taro at 23:46 | Comments (2) | taro's blog ℃

2005年09月16日

クラマトジュース

国際会議でニューヨークの片田舎のホテルに泊まっているのだが、
そこのバーで出されたブラディシーザーというカクテルが非常にうまかった。

ブラディメアリーみたいに大量のスパイスを入れたカクテル。
但し、トマトジュースの代わりにクラマトジュースというのを使っている。

クラマトジュースは何かというと、貝汁とトマトペーストを合わせたものらしい。
ClamとtomatoでClamato。カクテル用に、缶ジュースの形で売られている。

貝汁をカクテルに使うという発想が新鮮だ。

カナダではかなりポピュラーなカクテルだという。

Posted by taro at 14:26 | Comments (5) | taro's blog ℃

2005年09月14日

動的整理法

書類や文房具の置き場所を忘れてしまい、机の引き出しや本棚を探し回った挙句、なんとか見つけることができたとする。

その場合、見つけた場所を記憶しようとするのではなく、最初に探した場所に移動させてしまうことにしている。

ぼくの脳にはあまり可塑性がないのか、もう一度見つからなくなった時にも同じ場所から探し始めていることが多い。あらかじめ移動させておくことで、その時にはうまく見つけられるようになる。

これは電子的なファイルの場合も同じで、見つかりにくかったファイルは最初に調べたディレクトリに移動させてしまう。また、検索に使ったキーワードをファイル名に付け加えたりもしている。

こういったことはすでに多くの人が実践しているのかも知れないが、ぼくが実践するようになったのはそれほど昔のことではないので、書いておく。

Posted by taro at 12:25 | Comments (4) | taro's blog ℃

2005年09月13日

シミュレーションとしての回想

人間の脳は、光景そのものを憶えているのではないと思う。

フォトグラフィックメモリーのある人でもない限り、映像をそのまま保存していることはない。

細部は思い出せないし、思い出すたびに違ってくるような気もする。

おそらく人間は見た光景そのものではなく、「何々を見た」という命題を記憶しているのではないか。

そして回想するたびに、映像を作り出している。

視覚野にある認知のパターンを利用して、回想のたびに光景を描いている。

回想とはシミュレーションだと思う。

Posted by taro at 00:31 | Comments (0) | taro's blog ℃

2005年09月11日

大阪中崎町の隠れ家的喫茶、天人(あまんと)

昔の同級生ピガが大阪のカフェでスタッフしているというの聞いて、訪ねてみた。

大阪の中崎町にある天人(あまんと)という店で、二年ほど前にも別の理由で行ったことがある。

アットホームな雰囲気の、感じの良いカフェである。
古い民家をスタッフ自身の手で改装して作ったため、構造材が露出していたりするが、その分隠れ家的な暖かみがある。

水曜の夜と土曜の夜は終夜営業している。
カフェなので夜もコーヒーを出し、値段は昼と変わらない。

店のマスターのJUNさんからこの店を作った経緯を聞かせてもらったのだが、面白かった。

JUNさんはもともと舞台芸術家(ダンサー)で、
自分の実験的な作品を上演する場所を探していたのだが
大阪市内はどこも会場使用料があまりにも高い。

それで空き家を自分の手でカフェに改装し、
舞台を設けて好きな時に公演できるようにすることを考えた。

民家をカフェに改装していく過程を「改装パフォーマンス」と称して公開したところ、
興味を持って訪ねてくる人が多く、店の宣伝にもなった。
それによって人のネットワークが作られ、スタッフとして働いてくれる若い子が集まった。

以後、カフェの収入で維持費をまかない、順調に経営を続けている。
店の奥にある小型の舞台はたくさんの芸術家たちの表現の場になっている。

JUNさんいわく、
「この方法は世界中どこでも使えると思った」

中崎町のあたりは昔は扇町ミュージアムスクエア(OMS)があり、
演劇関係者が出入りしていて大阪の文化的中心地のひとつだったのだが、
OMSの撤退後は街の魅力を維持するために様々な活動が行われている。
天人もその一端を担っていたりする。

天人のページ
http://www.yura-ism.com/amanto/

天人のスタッフであるピガのブログ
http://d.hatena.ne.jp/pha/

Posted by taro at 18:19 | Comments (0) | taro's blog ℃

2005年09月09日

トラックで運ばれる神主

デジカメから見つかった古い写真ですが、載せます。(画像をクリックすると拡大されます)

葵祭の時だと思います。

京都ではたまに神主がトラックで運ばれています。

Posted by taro at 19:14 | Comments (2) | taro's blog ℃

2005年09月07日

性教育ビル

東京の一ツ橋にある大手コンドーム会社、不二ラテックスのビルです。
(画像をクリックすると拡大されます)

建物自体が性教育していて素晴らしいのですが、
出社するOLの人はちょっと恥ずかしいのではないかと思います。

Posted by taro at 19:41 | Comments (0) | taro's blog ℃

2005年09月05日

東山で月を見ませんか

もうじき中秋の名月です。

昔から行ってみたいと思っているけど行ったことのない施設、
東山の花山天文台が今週の土曜日に一般公開するらしいので、行ってみようと思っています。

ご興味のある方、一緒に行きませんか。

45センチ屈折望遠鏡で月を見てみませんか。

中秋の名月には一週間足りないですが。

午後一時から八時半まで公開しているようです。

昼間は太陽を見るらしいです。

Posted by taro at 00:23 | Comments (0) | taro's blog ℃

2005年09月03日

表現主義とアート

メディアアートといって、デジタル技術を用いて芸術を表現するという分野がありますが、
我が研究室の教授は結構芸術が好きのため、先日、京阪奈の情報通信研究機構の一室にて、
京都市立芸大の砥綿先生、京都嵯峨芸大の松本先生、同志社女子大の森先生といった芸術系の先生方をお招きして、
合同ミーティングなるものが開かれました。

そのミーティングのあと、居酒屋で行われた懇親会にて聞いた話。

日本ではアートという言葉がドイツ表現主義の意味のようになってしまっているが、
欧米におけるアートという概念はもっと広い。

表現主義は英語だとExpressionism。
Impressionism(印象派)に対して、内面から湧き起こってくるものを大切にしようという主張であり、
20世紀初頭のドイツで生まれた潮流である。

外界を観察しそれを忠実に描くのがImpressionism。
内から湧き起こってくるものを表現するのがExpressionism。

日本の小学校の美術の授業では生徒にとにかく絵を描きなさい、造形を作りなさいと指導する。
その一方で、著名な芸術作品を分析し、批評するという機会は少ない。

印象派の作品などはかなり科学的な方法論に基づいて作られているのに、
それを「読む」という作業を怠っているように思われる。

イギリスのテート・モダーンという美術館で行われている教育活動では、
展示されている絵を参加者にひたすら批評させ、その後、その絵を模写させるという課題がある。

Posted by taro at 14:42 | Comments (0) | taro's blog ℃

2005年09月01日

フィギュア博物館

四条大宮でフィギュア博物館という場所を見つけました。

フィギュアばかり展示しているようです。
ジャンル別に分類し、初めての方にもフィギュアの良さが伝わるような展示を心がけているそうです。

一階がフィギュア店、二階が入場有料の博物館です。

フィギュア店の方だけ覗いてみると、客は全員外人でした。

すごいですね、日本のフィギュア。
京都に観光に来る外人の心をがっちりつかんでいます。

スペイン語かポルトガル語らしき言葉を喋っていた女の子が店員さんに、
サムライスピリッツのアクションフィギュアが今朝あったがもう無いのかとか聞いていました。
あいにくそれは売り切れていたらしく、女の子はすごくくやしそうにしていました。

Posted by taro at 21:05 | Comments (0) | taro's blog ℃