« 携帯版一万日カウンターを作ってみました。 | Main | 【宣伝】 データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム DBWeb2006 »

2006年10月27日

映画版Rentを見てきました。

ブロードウェーミュージカルの映画版、Rentを見てきました。

劇場版を見て以来、かなり好きなミュージカルのひとつで、映画版も楽しみにしていたため、興味を持ってくれそうな人に声をかけて、ぞろぞろと行ってきました。

ミュージカル好きが集まってくれた感じです。
I辺さんはサウンド・オブ・ミュージックがとても好きで、映画版のシカゴも面白かったとのこと。
K村さんはロンドンでオペラ座の怪人を三回見に行ったとか。
文芸同人誌ディオニュソスの知り合いであるT上さんも、僕が言う前から映画について知っていました。
さらに、タイから留学生で僕の研究室で院生をしているNミットさんと、その友達で同じくタイからの留学生であるPoさん。
彼女はいつも僕にタイのお菓子をくれるので、何かの機会に誘おうと思っていたのです。
ディオニュソスのS藤さんも僕が誘った訳ではないのですが、偶然、同じ回を見に来ていました。

良い映画でした。

舞台とはまた別の良さがあって、素晴らしかった。

特に、実際のニューヨークの情景を盛り込むことは舞台ではできないことで、そこに暮らしていないものにとっては雰囲気がよく伝わってきて、理解の助けにもなりました。

また、登場人物の表情によって伝わってくる部分もある。舞台だとそこまではっきりと見えないので。

終了後、木屋町のタナカコーヒーにて感想戦。
話が取り留めもなく進み、どちらかというと雑談会でしたが。

僕は主題歌のSeasons of Loveはもちろん、One Song Gloryという曲が結構好きなのですが、映画版では結構インパクトが弱かった気がします。T上さんには「歌詞が直球過ぎてダメ」とか言われました。

その一方であらためて良いと思った曲は、Finale B。フィナーレの時に二つの曲が流れ、そのうち後の方なので、Finale B。もっと洒落た名前を付けて欲しい所ですが。Life SupportというHIV陽性の人たちが歌う曲のリフレインでもあります。

歌詞はこんな感じ。

There's only us, there's only this.
Forget regret, or life is yours to miss.
No other road, no other way.
No day but today...

まぁ、これもかなり直球な歌詞なのですが。僕はこういう単純な歌詞が好きなのです。

There's only now, there's only here.
Give in to love, or live in fear.
No other path, no other way.
No day but today.

作品全体を通じてのメッセージは、今日を大切に生きろということなのでしょう。劇場版の原作者であるJonathan LarsonはRentがオフ・ブロードウェーで初演される日、突然の大動脈解離で亡くなったそうです。享年35歳。身をもってそのメッセージを伝えている感じです。

ところで以下の写真は昨年、Rentの映画版が公開された頃にニューヨークの街頭で見かけたフリーペーパーです。

トップ記事なのですが、かなりボロクソに書かれています。

RENT STRIKE
What's so bad about the blockbuster musical's big-screen debut? Plenty. Page 19.
PLUS: Five things to do instead of seeing 'Rent'

いったい何が不満なのでしょうか。

Rentにはヘテロセクシャル、ゲイ、レズビアンという三組のカップルが登場するのですが、レズビアンのカップルはなかなか魅力的に描かれている。それと比べて、ゲイカップルの関係がいけていないと批判されています。

By comparison, the gay male storyline fizzles.
... compared to the girls, these guys come across as positively chaste.

つまり、ゲイカップルのいちゃいちゃぶりが足りないからダメ。

ゲイカップルの一方はドラッグクイーンであり、いつも女装しているのですが、それもダメな所らしい。

It's a classic straight man's rendition of queer sexuality: Sure, we'll let the lesbians go at it, but if two dudes smooch, one of them better be wearing a dress.

実はこのフリーペーパー、よく見てみるとゲイのためのフリーペーパーだったりするわけです。

Gay Life Expo

とか

Finally, Meeting Gay Men is Easy!

とかいう広告が並んでいて、さすがニューヨークという感じです。

ニューヨークのゲイに何と言われようと、Rentはいい作品だと思います。

Posted by taro at 2006年10月27日 01:07

コメント

すいません、10月の記事に今頃コメントいれちゃって・・・
僕はレントを劇場の予告版で見た瞬間から惚れちゃってました笑
読んでて少し吹いてしまいました。
とっても記事の書き方や表現の仕方が上手くて素敵ですよね。
これからも読ませていただきます。

Posted by: レント好き at 2007年01月27日 20:52

ありがとうございます。
映画の上映は終わってしまいましたが、これからもレントを布教していきたいと思います。
また日本公演とかあれば行きたいです。
今後ともどうかよろしくお願いします。

Posted by: taro at 2007年01月27日 21:26

コメントを書き込む



(←スパム対策です。アルファベット小文字(半角)でyesと記入していただけますでしょうか)


(コメントには表示されません。管理者(taro)にのみ伝わります)


プロフィールを記憶させますか?

(HTMLタグが使用可能です)