« 2006年11月 | Main | 2007年01月 »

2006年12月31日

野外百人一首と美空ひばり館(その4)

野外百人一首を終えた我々は当初からの予定通り、美空ひばり館へ。
嵐山の超人気スポットであるにも関わらず、11月末で閉館してしまうということで、これが訪問のラストチャンスでした。

ホテルのロビーのように豪華なエントランスを抜けて、展示のある二階に向かいます。

壁一面を埋め尽くすレコードのジャケットや雑誌の表紙。その間に埋め込まれたディスプレイでは、常時美空ひばり関連の映像を上映中。

美空ひばりが映画の子役としてデビューしたというのは知っていたのですが、その後、時代劇にたくさん出ていた時期があったようで、そういう背景を知らなかった僕としてはちょっと不思議な印象を受けました。ミュージカル映画という感じでもなく、単なる時代劇。稀代の歌姫なのにもったいない!というのは勝手な押しつけでしょうか。女優としても優れていたのかも知れません。

閉館前の最後の週末ということでものすごく混んでいたのですが、車いすのおばあちゃんたちがたくさん来ていたのが印象的でした。ビデオの前で何度も再生ボタンを押して、往年の名曲を聴いていました。ものすごく懐かしく切ない気持ちになっているのではないかと思いました。こういう「高齢者の遊び場」のような場所は、もっと全国に出来てもいいような気がします。大阪の新世界に通じるものを若干感じました。

美空ひばりは戦後間もない昭和21年、9歳で初舞台を踏み、昭和24年に「悲しき口笛」で映画デビュー。その主題歌は戦後の復興期、人々に広く親しまれました。昭和35年には「哀愁波止場」でレコード大賞歌唱賞を受賞。同時に銀幕のスターとしても活躍。白黒の時代劇です。この時期、雑誌「平凡」の歌手人気投票では12年連続1位を獲得。代表曲「柔」を発表したのはそれより後、昭和39年。その後、「悲しい酒」「真っ赤な太陽」と続きます。昭和50年代にはヒット曲には恵まれなかったものの、ポップスやジャズにも進出してレパートリーを広げ、さらには舞台を中心に精力的に活動を続けていました。しかし、最大の理解者でありプロデューサーでもあった母、二人の弟、親友の江利チエミが相次いで亡くなり、寂しさを紛らわすための酒とたばこの量が増し、急速に体を壊していったそうです。

昭和62年、公演先で倒れ、数ヶ月の療養。翌昭和63年には東京ドームのこけら落とし公演として「不死鳥コンサート」を行い、ファンに復帰をアピール。けれどステージの裏ではベッドと酸素吸入器が用意されていたとか。

明けて平成元年、自らの人生を歌い上げるかのような「川の流れのように」が大ヒット。その年の六月、昭和を代表する歌姫は五十二歳の生涯を閉じました。


川の流れのように(一部)

生きることは 旅すること
終わりのない この道
愛する人 そばに連れて
夢 探しながら
雨に降られて ぬかるんだ道でも
いつかは また 晴れる日が来るから


今生きていれば七十歳くらい。当時の力みなぎるライブの映像を見ていると、まだまだ舞台を踏めていたのではないかと思います。この稀代の歌い手に現代の曲も歌って欲しかったものだ、という感想を抱きました。

地下のおみやげ売り場には椅子のたくさん並べられたステージがあり、大画面のスクリーン上でコンサート映像が上演されていました。四十代くらいの時の舞台でしょうか。とにかくパワーに満ち溢れていて、人生にエールを送ってくれる感じです。

ステージトークではかつて共演した男性俳優の名前を挙げて、

「誰々さんも何々さんも、お腹が出てきていいおじさんになってきていますけれど。ひばりは皆さんから元気をもらって、ますます若く!」 とか言ってました。

スクリーンの前の席は、おじいちゃんやおばあちゃんたちによって埋め尽くされていました。

kogeさん情報によると、美空ひばり館が閉館するのは人気が無いからではなく、レンタルしていた衣装などを返却する期限が来たからだそうです。だとしたら、なおさら残念な気もします。

入館時に渡されたパンフレットに書かれていたキャッチコピーは、

「ともに泣き、ともに笑った いくつもの思い出がよみがえる。」

何の思い出も無いのですが、それでも良い場所でした。

あとひとつ、嵐山で見ておきたい場所といえば、「嵐山モンキーパーク」でしたが、これは雨のため次回にまわすことにしました。kogeさんやさとっちさんのお奨めで、山頂まで上がるとちょうど猿に囲まれて人間が観察されるような形になるとか。kogeさんは3回行ったことがあるそうです。次に嵐山に来た時に立ち寄りたいと思います。

西院まで移動して、最後の締めのカラオケ。誰も来てくれず、僕ひとりで行くことになるのではと心配していたのですが、可知さんとさとっちさんが来てくれました。加えて、KGCのmoritamaさんが合流。四人でカラオケ。

川の流れのように」「」「愛燦燦」「真赤な太陽」など、美空ひばりの名曲の数々を熱唱。意外と皆さん、歌えるものです。

すべての予定を貫徹し、めでたく解散したのでありました。

可知さんによる報告

moritamaさんによる報告

Posted by taro at 14:04 | Comments (4) | taro's blog ℃

2006年12月30日

泣き上戸の人と飲みたいのですが。

研究室の忘年会で修士課程生のK谷くんが「みんな、いい人っすよ」としきりに泣いていたのですが、本当に泣き上戸なのかどうかよく分かりませんでした。

今までの人生で「飲むと泣く」という泣き上戸の人と会ったことが無いのですが、泣き上戸の人と知り合いになりたいです。

願わくは十人くらい泣き上戸の人を集めて飲みに行き、僕以外全員オイオイ泣いているという「泣き上戸飲み会」を開きたいのですが。

泣き上戸の人、友達になってください。

Posted by taro at 17:11 | Comments (0) | taro's blog ℃

2006年12月28日

人間の感性は2,000次元?

先日、慶應SFCの清木先生が研究室に来られて、共同で行っているプロジェクトの打ち合わせをしました。

清木先生の研究室では感性に基づく検索というのを研究されていて、たとえば「暖かい音楽」と入力すると、音楽データベースの中から実際に暖かい感じの音楽を見つけてきてくれる。かなりよくできています。

これは清木先生が10年くらい前に提唱した意味の数学モデルというのが元になっているそうです。すなわち、あらゆる検索対象を2,000次元の意味空間にマッピングしておき、クエリからの距離が近いものを検索結果として返すという仕組み。

なぜ2,000次元かというと、元になっているデータがロングマンの英語辞書だそうで、これはすべての語を2,000個の基本語彙で定義することを試みている。もちろん、個々の基本語彙が意味的に直交しているという保証はないので、あらかじめ相関行列に対する固有ベクトルを求めておく。

意味の数学モデルでは基本語彙同士が定義の際に使われるという関係を相関行列とみなし、その固有ベクトルを意味素と定義しているようです。手法的には特異値分解を使うLSI(latent semantic indexing)に似ていますが、LSIは実行するたびに空間を求めるのに対し、清木先生の手法は辞書をもとに一回計算すればいいだけ。

実際にロングマンの辞書から作られた相関行列を固有値分解してみたところ、フルランクとまでは行かなかったものの、落ちたのは10次元くらいで、「なかなかdisjointで良い辞書だった」 ということになったらしいです。人間の感性が2,000次元なのか、あるいはそれを表す言葉の世界が2,000次元なのか。そのような区別も微妙な所かも知れませんが。良いデータに着目すると良いシステムが作れるという一例だと思います。

検索対象に対するインデキシングはメタデータに含まれる単語を利用したり、色調などの特徴量を意味空間上にマッピングしておくことで行うようです。

たとえば「暖かい音楽」で検索した場合は、ロングマンの辞書における「暖かい」の定義からその意味空間におけるベクトルを求め、成分の絶対値が大きい数次元に射影した部分空間上で近傍に来る検索対象を求める。LSIは全次元を使って距離を計算するのに対し、清木先生の手法では部分空間だけに着目するので非常に速い。

この研究に基づいて作られた感性検索のシステムはキャノンに注目され、御手洗社長の前でデモをしたこともあるとか。キャノンの出資でアメリカでのパテントも取ったそうです。

何年後かには、感性検索の機能が取り込まれたカメラが売り出されているかも知れません。ファインダーに入った対象の色調に応じて撮影の方式を変えるとか。

Posted by taro at 22:08 | Comments (5) | taro's blog ℃

2006年12月23日

京都のうまい店 タイ料理 Thai Cafe Kati

僕は料理の好みに関しては非常にアジア的で、中華料理・インド料理・タイ料理というのが世界三大料理ではないかと思っています。

以前、カンボジアでとてもお世話になった旅行会社のホンさんという人と、プノンペンのショッピングモールで昼食を食べながらカンボジア周辺の国々の文化的ルーツについて説明された時。

カンボジアとベトナムはかつて東南アジアの覇権を争ったライバル同士らしいのですが、

「カンボジアはインドからすごく影響を受けている。ベトナムは中国からの影響が強い」 とのこと。

「タイはどうなんですか?」 と聞くと、

「うーん……。タイは……。深いな……」 と、唸っていました。

長く安定した王国の歴史の中で、インドとも中国とも違う独自の文明を生み出したのがタイの特徴のようです。

実際、タイ料理はインドと中国の影響を受けつつも、幅広いレパートリーがあって、独自のジャンルを形成しているように思います。

タイでは外食が日常的だそうですが、それも料理の種類が充実する一因かも知れません。

昨年バンコクに行った時、安食堂で出される食事のうまさに感動したのですが、幸い京都でも非常においしいタイ料理を食べることができます。

僕が一週間に一度は必ず行ってしまう店が、河原町丸太町下ル東側のThai Cafe Kati(カティ)。とにかくおいしい。ごはんと一緒に出される唐辛子入りナンプラーとか。牛肉のレッドカレー炒めとか。酸味の利いたラープとか。考えるとまた行きたくなってしまいます。若干中毒性があります。

しかし、そのうち別の場所に移転してしまうという情報を聞きました。大ファンである僕としては、なるたけ近くに移転して欲しいと願うばかりです。

また、最近知った柳馬場夷川上ル西側のバンコクガーデンも味が良く、メニューのレパートリーが広いため、気に入ってきています。

Posted by taro at 12:59 | Comments (4) | taro's blog ℃

2006年12月21日

忘年会

昨夜は専攻の忘年会。
十人ほどの少人数だったが、二時間の飲み放題という区切りを大幅に超過し、夕方六時から十一時まで五時間も飲んだという、なかなかの盛り上がりだった。

そこで聞いてきた話。

・生物圏情報学のM屋先生はもともと農学部畜産系の出身だが、後輩の一人は子供を作る時、自分で顕微授精したそうである。

・生態学が専門のK山先生から聞いた話。最近、大山崎町のあたりで竹林が広がってきていて、地元の人たちが水質の変化を心配している。サントリーのウィスキー工場もあり、水質は非常に重要なので、土壌成分の調査が進められている。普通の植物は(乾燥させると?)50%くらいが炭素だが、竹の場合、炭素は40%くらいで、残りは珪素だとか。そのため竹林では表層の土壌から珪素が不足するという説がある。

・Winnyの新しいバージョンで脆弱性に対処すると言っても、古いバージョンを使い続けている人がいる限り、情報流出は収まらない。そこで、P2Pにおける強制アップデートという仕組みはどうか。たとえば古いバージョンとコネクションを張ったノードはその情報を周囲に伝達し、全員でDoS攻撃をかけるとか。アップデートするまで使えなくする。

・テープレコーダには人間には気付かない数%の再生速度の違いがある。モータの劣化などが原因。昔、磁気テープにデータを保存していた頃、その速度の違いによってデータが読み出せないという問題があったりしたらしい。

Posted by taro at 21:12 | Comments (0) | taro's blog ℃

2006年12月19日

人類の未来

不平を言わず働こう、という激励でしょうか。

Posted by taro at 21:24 | Comments (2) | taro's blog ℃

2006年12月14日

奥の細道を歩く(自宅周辺で)

前回実家に帰省した折、「おくのほそ道を歩こう!」という万歩計を回収してきました。

いつかの父の日にプレゼントしたものですが、書棚の上に置きっぱなしになってまったく使われていないことは明白だったため、自分で使おうと思って持って帰ってきました。

起動すると、液晶の上を俳句が流れていきます。

くさのとも すみかはるよぞ ひなのいへ

すなわち、松尾芭蕉が奥の細道の旅に出る時に詠んだ俳句。さらに、

「千住まで あと 12.4キロ」

という容赦の無い目標値が表示されます。

遠すぎ!

芭蕉が住んでいた深川から千住まで、地下鉄ならすぐだと思いますが、歩くととてつもなく遠いですね。

全行程何キロか知りませんが、東北一周目指してがんばっていきたいと思います。

Posted by taro at 21:45 | Comments (2) | taro's blog ℃

2006年12月12日

野外百人一首と美空ひばり館(その3)

時雨殿にて百人一首の勉強を終えた我々は渡月橋を渡り、大堰川の中州へ。

いよいよ屋外百人一首を広める活動の開始です。

中州は砂利を敷き詰めた公園になっていて、いくつか屋台も出ています。人通りも多い。

そのど真ん中にござを広げ、札を並べ始めた時。

十メートルほど離れた場所にあったイカ焼きの屋台から、角刈りの親父がずしずしとやってきて、怖い顔で聞いてきます。

「何かイベントするの?」
「あ、はい」
「許可、もらってるわけ?」
「いや、それは……」

途端に親父、態度がでかくなって、

「あかんでぇ、こんな所でやられちゃぁ」
「そうですか」
「当たり前やでぇ。ここ、公園やでぇ、公園。そんなんしたら、あかんやろっ」

それほど屋台に近いという訳でもなかったのですが、視界に入ってしまったのがまずかったようです。

頑固さの代名詞のような屋台の親父を前にしては、さすがの屋外百人一首連盟もたじたじ。

おとなしく引き下がりました。残念です。

そして屋台から見えない場所まで移動し、そちらで実施することにしました。

「我々、個人の集まりではなくて、イベントとみなされたんですね」と、前向きに捉えるKGC理事長の柴田さん。

五十メートルほど移動し、屋台の視界に入らない位置まで来ました。ここは川からもほど近く、眺めは良い場所。人通りもそれなり。

再びござを広げ、札を並べ始めます。

数分もしないうちに、通りがかりのおじさんが立ち止まり、覗き込んできました。

結構百人一首を知っている人のようで、「そんな散らばせて並べない方がいいよ」などと言ってくれます。

アドバイスに従って、競技カルタのように、半分ずつ向き合う形で整えて並べました。

「間にスペースも空けた方がいいよ」というアドバイスを受けて、どんどん本格的に。

いよいよ札を詠み始めようとすると、

「ちょっと待って。しばらく憶える時間をおかないと」と止めるおじさん。

数分間、皆で札の場所を暗記しました。

そしてついに、屋外百人一首大会の開幕。

参加してくれた皆さんは僕の予想を遙かに上回って、百人一首のできる人たちでした。下の句が読まれる前に札が取られることもしばしば。

やがて周囲には結構な人だかりが。

しかし、覗き込む人ばかりで、実際に競技に加わってくれたのは最初のおじさんだけ。

おじさんはかなり積極的で、ござの外に立ったまま、「えーっと」と言って、傘の先で自分の近くにあった札をポイントします。正しい札。

僕らが見つけられない時だけを狙って、合計二枚、取っていましたが、途中で携帯に電話がかかってきて、去っていきました。奥さんから呼び出しでもかかったのでしょうか。

その後も競技は継続。最後の方は一瞬で札が取られる状態が続き、それなりに真剣勝負に見えました。

雨に降られることもなく、無事に最後の一枚まで取り尽くし、最終的に優勝したのはKGC研究員の可知さんでした。おめでとうございます!

Posted by taro at 23:43 | Comments (0) | taro's blog ℃

2006年12月08日

太極拳、香港の紙幣

朝、ホテル近くの公園で、太極拳をしている人たちがいました。

もちろん、僕も入れてもらいました。

最初、まぎれて練習していたら、気付かれて、

「タイチーだ。知っているか」

などと話しかけられました。

「彼女がマスターだ」と紹介してもらったのは、柔和な感じの女性。

マスターと熟練者が何人かいて、その他の人たちは彼らから教わっているようでした。

大勢で一斉に体をほぐすという所は、日本のラジオ体操と微妙に似ているように思いました。

なかなかすがすがしかったです。


帰国間際に気付いたのですが、香港ドルは実は何種類かの銀行が発行しているようです。金額は同じなのに、発行銀行が違うため、絵柄が異なったりします。

上は香港上海銀行が発行したもの。
下は中国銀行香港分行が発行したもの。

この他に、スタンダードチャータード銀行という所も香港ドルを発行できるようです。

資本主義っぽい感じがします。さすが香港。

どちらかの銀行がつぶれたりしたら、どうなるんでしょうか。ただの紙切れになったりしないのでしょうか。

いずれも世界有数の銀行らしいので、つぶれることはまずないのでしょうけれど。

Posted by taro at 20:42 | Comments (2) | taro's blog ℃

2006年12月05日

香港でシンポジウム

出張で香港に来ています。

↑縦横比が日本と少し違う気がする高層ビル。

↑香港名物、竹の足場。高層ビルを作る時にも使うとか。

用件は、The 6th International Symposium on Web and Wireless Geographical Information Systems というシンポジウム。

僕は今年の共同チェアなのですが、実行委員の間で発表者に対してなるたけ質問をしようという合意がなされていたため、ひとつの発表に対して平均四つか五つの質問が出るといったすごいことになっていました。

まともな質問をするためにはかなり熱心に聞かねばならず、結構大変でした。

最優秀論文賞を選ぶのが辛かった。

誰もが頑張っている中から、自分の責任でひとつだけ選ぶというのは、非常につらいものです。
しかし、選ぶ側に立ってみると、どの部分を見ているのかが逆に分かるので、今後に役立てたいと思います。

香港はとても勢いのある感じで、素晴らしい都市です。

ローカルスタッフの働きぶりがすごいです。
会場とかプログラムとか賞状とか、かなり見栄えのするものを用意してくれます。

最優秀論文賞はプレゼンの内容も考慮して選ぶことにしていたのですが、賞状を印刷するのに少し時間がかかるため、最後のセッションで発表される四件の論文の中から選ばれた場合、賞状を印刷する時間がないという問題が発生しました。

するとローカルチェアをしていた香港の先生が、

「それじゃ賞状を五種類作っておけばいいんだ」

といきなり言って、「Hong Kong efficiency」と崇められていました。

全般的に、香港の人たちは働き過ぎという気がします。
非常に良い影響を受けました。

Posted by taro at 22:24 | Comments (0) | taro's blog ℃

2006年12月02日

高校の同級生がソースコードの美しさを追求する本を出しました。

高校の同級生であった佐藤匡剛が本を出しました。

tomcatとかeclipseとか、よく使われているオープンソースプロダクトのソースコードを実際に読んでみて、その美しさに触れようという本です。

彼が昔から提唱している「ソースコード美学」の形成に一役買うことになるのでしょうか。

ソースコードリーディングから学ぶ Javaの設計と実装

Posted by taro at 15:13 | Comments (0) | taro's blog ℃