« 藤屋敷 | Main | 藤 »

2007年04月27日

バイオ燃料

今月末から首都圏では植物由来の燃料、バイオエタノールを数%配合したガソリンが一般のガソリンスタンドでも売られるようになったとのこと。新しい時代の到来を予感させるニュース。

バイオ燃料は原料が植物のため、その炭素は元々大気中にあった二酸化炭素から来ている。そのためいくら利用しても大気中の二酸化炭素の総量を増やさず、温暖化防止に効果があるのではないかと期待されている。これに関連して先日、学内で行われたバイオ燃料に関する講演を聞いてきて、なかなか面白かったので覚え書きしてみる。

講演者はエネルギー科学研究科の坂志朗教授。超臨界状態を利用してバイオ燃料を作る研究をしている。

水のイオン積は温度と共に増加するため、超臨界状態では 10-10 くらいになっている。だから中性なのにpHが5とかいうことになって、触媒としての性質を示すようになる。さらに、誘電率つまり極性も低下する。実験装置の覗き窓から見てみると、温度が上がるにつれて極性溶媒と非極性溶媒が一相になって混じり合うのが観察できるらしい。このような超臨界状態の特徴を活かしてセルロースを加水分解したり、バイオディーゼル燃料を作るというのが坂先生の研究内容。

バイオディーゼル燃料というのはディーゼルエンジンで使うことのできる植物由来の燃料のことだが、一般に使われているのは脂肪酸メチルエステル。油脂や脂肪酸では粘度が高くて使い物にならないが、メチルエステルになると重油や軽油などと似た物性を示すようになって、ディーゼルエンジンに入れて使えるとのこと。

油脂とメタノールのエステル交換には従来はアルカリ触媒法や酸触媒法、リパーゼ酵素法というのが使われてきたそうだが、たとえば家庭から出る廃油などは遊離脂肪酸の割合が高く、アルカリ触媒は中和してしまいあまり使えない。そこで坂先生の研究室で開発されたのが、超臨界あるいはそれに近い高温でメタノールと脂肪酸を混合し、反応させるという「超臨界メタノール法」。ただし、今のところ実験室レベルで実現されただけで、実用化はまだ。

京都市はバイオディーゼル燃料の利用に関してはかなり進んでいるようで、燃料の100%がバイオディーゼルという市バスが何台か走っている。一般家庭や食品業者から回収された廃油がゴミ処理場内にあるプラントで加工されている。地球温暖化防止会議をきっかけにして、開発に取り組んだそうである。

Posted by taro at 2007年04月27日 00:31

コメント

5、6年前にとあるベンチャー企業が高濃度アルコール燃料を商品化したのですが、揮発油税の対象外なため安価だったので、どんどんスタンドが普及しかけたことがあったんだけど、要はドブロクと同じことで、産官によるネガティブキャンペーンが大々的に打ち出されてツブされたことがあります。そのときの言い分が「クルマにアルコール燃料は危険だからダメ!!」ってな理由だったんだけど、やっぱあれはただのベンチャー潰しだったということでしょうか。

Posted by: 356 at 2007年04月29日 06:38

そんなこともあったのですか。正確には今回添加されるのはエタノールそのものではなく、若干修飾したETBE(ethyl tertiary butyl ether)という物質を使っているようです。こちらの方が金属に対する腐食性が低いため、安全だとか。しかし石油会社の既得権益を打ち破るのは難しいという側面もあるのかも知れませんね。

Posted by: taro at 2007年04月29日 09:05

こんにちは。
本題とは関係ないのですが、先日話題にのぼっていた「エヴァンゲリオン」が、
Yahoo動画で無料視聴できるみたいですよ。
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00066/v01247/
ソフトバンクの広告が入るのがちょっと鬱陶しいですが、画質は良いです。
1話・2話くらい見れば、大体の筋は理解できます。話が進むにつれて、シナリオが崩壊していきます…(笑)


バイオエタノールが最近急激に流行っているせいで、原料のとうもろこしだけでなく、フルーツなんかも軒並み値上げだそうです。家庭から出る廃油が使えるのであれば、良いリサイクルができますね。

Posted by: Ryu. at 2007年04月30日 13:37

エヴァンゲリオン情報、どうもありがとうございます。世の中の話題についていけるよう、今度見てみます。

フルーツの値上げというのはかないませんね! 廃油利用を推進してもらいたいと思います。

Posted by: taro at 2007年04月30日 18:21

こんにちは。以前軍艦島でググッてたどり着き、それ以来ロムってました。
結構ファンになってます(笑)

環境ネタに便乗してしまいますが、地球温暖化で将来的に日本は水没する。
という話がありますが、実際にありえるのでしょうか。
それならそれで官民で今のうちに出来る限りのことをするべきだと思うのですが、いまいち盛り上がりに欠ける気がしています。

http://www.ne.jp/asahi/21st/web/crisis1.htm

この辺の記事を見るとビビリますし、将来に希望が持てなくなってきます。

Posted by: ふりふり at 2007年05月03日 14:23

このまま気温が上がって海面が上昇していったら、オランダみたいに防波堤を築いて守らないと平野部は水没してしまいそうですね。

環境運動はたしかに盛り上がりに欠ける気もします。目に見える成果(戦果)が無いと、人間の努力は続かないものなのかも知れません。「どうだ、今年はこんだけ涼しくなったぞ!」 みたいのが必要なのかも。

ご紹介いただいた「21世紀の21大危機」のページ、最近本屋で売ってる「人間なしで始まった地球カレンダー」の元サイトなんですね。

しかし、いろいろな危機があるものですね。個人的には以下の危機が面白かったですが。

http://www.ne.jp/asahi/21st/web/crisis19.htm

Posted by: taro at 2007年05月03日 16:12

コメントを書き込む



(←スパム対策です。アルファベット小文字(半角)でyesと記入していただけますでしょうか)


(コメントには表示されません。管理者(taro)にのみ伝わります)


プロフィールを記憶させますか?

(HTMLタグが使用可能です)