« タイ料理店での食事会 | Main | タイ帰りの友人とかと飲む(自由意志/詩を作るプログラム/躁鬱病など) »

2007年07月31日

外国の関西

高度なユーモアを駆使して日々のコミュニケーションが行われる関西という地域は日本において独特の位置を占めていると思うのだが、似たような地域が外国にもあるのだろうかというのは僕の長年の疑問であった。

より具体的に言えば、歴史的な古都である京都のような街は世界各地にありそうだ。開放的な港町である神戸に似た街も世界各地にあるだろう。だが、笑いを中心にすべてが回っている大阪のような街は他にあるのだろうか。

世界の広さを考えれば、どこかにあるに違いないとも思う。だが、聞いたことがない。

はたしてその地域でも関西と同様に、ボケとツッコミが笑いの基本として認識されているのだろうか。笑いの取れない男はまったくもてないのだろうか。

そんな風に気になって、ずっと悩んでいた。

それで外国人に会うたび、「あなたの国に関西はないか」と聞きまくっていたのだが、なかなか求める答えは得られなかった。

ところがこの前、ついに証言を得たのである。

それは神戸でトルコ料理店に入った時。日本語を饒舌に話すトルコ人のマスターに聞いた所、「ある」と断言してくれた。

「それは黒海沿岸だね」とのこと。

マスターはトルコの東の端の出身、クルド人とトルコ人のハーフなのだそうだが、トルコの北部にあたる黒海沿岸部の人々に関して、

「とにかく面白い連中なんだよね。彼らのイントネーションを聞いただけで笑える」

まさしく関西ではないか。

「何か変なことしても、『黒海やね』で済まされる。彼らはジョークもたくさん作るよ。日本にはあんまりそういうのが無いよね」

ジョークというのはつまり小噺形式の笑い話で、アメリカ人が好きなやつである。トルコ人も好きらしい。たしかに日本にはない文化だ。

「トルコには民族がたくさんいるから、エスニックジョークが多い。イスラム教徒ジョーク集、キリスト教徒ジョーク集、ユダヤ教徒ジョーク集。それぞれ一冊の本になってる」

黒海人はボケとツッコミをするのかは聞き忘れた。またトルコ人に会ったら聞いてみたい。

日本とトルコにそういう地域が存在するということは、他にもあるに違いない。今後も外国人に会うたびに聞いていこうと思う。「外国の関西」とかいう本を書いたりしたら、関西ではそれなりに売れるのではないか。

今、そういう地域に行ってもその面白さはあまり分からないと思うのだが、いつか自動翻訳機の精度が向上したら、外国の関西を旅して回りたいと思う。

Posted by taro at 2007年07月31日 21:07

コメント

発見おめでとうございます(笑) 黒海の笑い、聞いてみたいですね。
韓国の釜山は大阪と似ているとよく聞きます。
イントネーションもよく似ていて、釜山弁でしゃべっているとまるで大阪弁の日本語に聞こえるみたいですよ。韓国人でも間違えるそうです。
そして、お笑いも多いらしく、釜山出身のコメディアンが多いみたいです。
ちょうど先週末に韓国に行ってたので、笑いについて、もっと聞いてみたらよかったですね~。

Posted by: さとっち at 2007年07月31日 21:41

実は昨夜、研究室に韓国からお客様が来ていまして、研究会後の飲み会で「関西はないか」と聞いてみたのですが、「無い」とか言うんです。
釜山というのは出てきませんでしたよ。さらに別の韓国人は「大邱の人たちが面白い」とか言ってましたし。
要確認ですね。

Posted by: taro at 2007年07月31日 21:57

面白ーい!!!
黒海近くって、いかにもそういうところがありそうだね☆
私も友達に聞いてみよっと。でも、大阪を知っている外国人じゃないと理解してもらえないかも?

Posted by: 井上リリ at 2007年08月01日 00:47

黒海ってそういう所なのですか?
また新しい情報入ったらぜひ教えてください。
リリの人脈ならいっぱい情報が集まりそうだね。

Posted by: taro at 2007年08月01日 07:39

手塚、
先日はどうも。

あのとき言い掛けてて、なかなか思い出せなかったのはこの記事でした。

日本の笑いはすごく高度なんじゃないかと、ずっと思っていて、その中心としての関西の独自性には前から興味をもってました。日本の(一部の)笑いは、なかなか海外では理解されないという(吉本がNY行って失敗したとか)。なので、この手塚の切り口はけっこう爽快です。

逆に興味があるのは、日本人にはなかなか理解できない、海外の高度な笑いというのはあるんだろうか、という疑問です。イギリス人は、日本人がすぐにはピンと来ないような気の利いたユーモアを言うのが上手いけど。逆にミスター・ビーンはユニバーサルな共通語としての笑いを確立している、といって松本人志が評価していたりもする。

それとも、やっぱり笑いには高低はなくて、単に文化論的な多様性があるだけなんだろうか。ベルグソンの『笑い』に比べると、今の笑いは全体としてかなり高度に進んでいるような気がするけど。

Posted by: 佐藤匡剛 at 2007年08月17日 02:40

はじめまして。興味深いエントリなのでコメントを。
タモリ倶楽部で以前インド人街特集というものがあり、詳細は忘れましたが
インドでは地域ごとに理屈っぽいとかがめついという地域性があるということでした。
参考になれば幸いです。

Posted by: esbee at 2007年08月18日 15:38

> ただよし

笑いの地域差や時間的変化を真剣に分析したら面白い気はしますね。高度化というか、新しい種類の笑いが発見されてきている?

異文化間の笑いに高低はないでしょう。お互いに理解できないんだから。

> esbeeさん

書き込みありがとうございます。インドみたいに大きな国なら、笑い重視の地域もありそうですね。理屈っぽい県民性が形成される仕組みとかは気になります。単に親が理屈っぽければ子も理屈っぽいということでしょうか。

Posted by: taro at 2007年08月19日 23:45

コメントを書き込む



(←スパム対策です。アルファベット小文字(半角)でyesと記入していただけますでしょうか)


(コメントには表示されません。管理者(taro)にのみ伝わります)


プロフィールを記憶させますか?

(HTMLタグが使用可能です)